電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


無線通信システム研究会(RCS) [schedule] [select]
専門委員長 三瓶 政一
副委員長 加藤 修, 太郎丸 真
幹事 辻 宏之, 上杉 充
幹事補佐 安部田 貞行

情報ネットワーク研究会(IN) [schedule] [select]
専門委員長 村田 正幸
副委員長 齋藤 洋
幹事 松尾 真人, 大崎 博之
幹事補佐 阿多 信吾, 茂木 信二

日時 2005年 5月26日(木) 12:30 - 17:00
2005年 5月27日(金) 09:20 - 16:40
議題 無線ネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク,ユビキタスネットワークおよび一般 
会場名 機械振興会館 
住所 東京都港区芝公園3-5-8
交通案内 地下鉄神谷町から徒歩7分 地下鉄大門から徒歩10分 JR浜松町から徒歩15分
https://www.ieice.org/jpn/about/syozai.html
会場世話人
連絡先
パナソニックモバイルコミュニケーションズ 上杉 充
046-840-5426
お知らせ ◎26日の研究会終了後に懇親会を予定しておりますので、奮ってご参加ください

5月26日(木) 午後  機械振興会館地下3階2号室
12:30 - 17:00
(1)
IN
12:30-12:55 Analytical Model of IEEE 802.15.4 CSMA/CA in Clustered Sensor Networks Kenji LeibnitzNaoki WakamiyaMasayuki MurataOsaka Univ.
(2)
IN
12:55-13:20 低消費電力MACプロトコルにおけるスロット予約期間の適応的制御 関根理敏東大)・竹内彰次郎早大)・瀬崎 薫東大
(3)
IN
13:20-13:45 Pulse Position Modulation for Transmission-only RFID Systems Bin ZhenKohei MizunoMamoru KobayashiMasafumi ShimizuNTT
  13:45-14:00 休憩 ( 15分 )
(4)
RCS
14:00-14:25 Block-OFDM方式の検討 門間章能仙台研)・太田英司東京伝播)・上杉 充パナソニックモバイルコミュニケーションズ
(5)
RCS
14:25-14:50 ブロック間干渉を抑圧するDS-CDMA周波数領域等化 武田和晃留場宏道安達文幸東北大
(6)
RCS
14:50-15:15 マルチキャリア伝送におけるブロック間干渉を抑圧する周波数領域等化 留場宏道武田和晃安達文幸東北大
  15:15-15:30 休憩 ( 15分 )
(7)
共通
15:30-16:15 [招待講演]微弱無線によるセンサネットワーク実験システム 山内規義早大
(8)
共通
16:15-17:00 [招待講演]救急医療現場におけるブロードバンド移動通信技術と実証実験 原田博司NICT)・阪田 徹NTT)・太田現一郎パナソニックモバイルコミュニケーションズ)・石原義隆NTTコミュニケーションズ)・桝田晃司東京農工大)・竹内良平横浜市大)・寺村允安YRP
5月27日(金) 午前  機械振興会館地下3階2号室
09:20 - 16:40
(9)
IN
09:20-09:45 高品位ユビキタス環境実現のための低周波再生条件に関する検討 安田真悟北陸先端大)・中川晋一三角 真NICT)・三井 実篠田陽一北陸先端大
(10)
IN
09:45-10:10 ハイブリッドアドホックネットワークにおける位置登録制御方式のシミュレーション評価 サットルサヤェン ラタポン鈴木俊博小林基成森田正範NTTドコモ
(11)
IN
10:10-10:35 アドホックネットワークにおけるクロスレイヤTCPフレンドリレート制御 小泉信也甲藤二郎早大
(12)
IN
10:35-11:00 モバイルアドホックネットワークにおける公平なエンド・エンドチャネルアクセス方式 オユーンチメグ シャグダル張 兵岩井誠人小花貞夫ATR
  11:00-11:15 休憩 ( 15分 )
(13)
RCS
11:15-11:40 帯域分割とランダムTPCを併用したDS-CDMAスロッテッドアロハのリンク容量とスループット 王 智森工藤栄亮安達文幸東北大
(14)
RCS
11:40-12:05 Avoiding asymmetric links and link breaks by using RSSI information Suhua TangBing ZhangMasahiro WatanabeHisato IwaiSadao ObanaATR
  12:05-13:05 昼休憩 ( 60分 )
(15)
IN
13:05-13:30 アプリケーションに応じた経路切替制御に関する検討 須加純一中津川恵一田草川英明武智竜一富士通
(16)
IN
13:30-13:55 特性が異なる無線アクセス網を併用したモバイル・アプリケーションの検討 尾花和昭室岡孝宏高橋紀之NTT
(17)
IN
13:55-14:20 サイバーソサイエティを実現するリング型 P2P-VPN 技術 八木幸太郎本田 治大崎博之阪大)・松田和浩NTT)・今瀬 真阪大
(18)
IN
14:20-14:45 迷惑通信の制御に関する考察と対処方法の提案 杉山武志山下 仁大迫陽二杉山一雄NTTドコモ
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
(19)
RCS
15:00-15:25 周辺端末位置測定方法の提案と実験評価 ~ 複数の周波数における位相差に応じた端末間距離測定方法と実験評価 ~ 渡辺正浩岩井誠人小花貞夫ATR
(20)
RCS
15:25-15:50 イメージ干渉抑圧と同期捕捉を同時に行うマルチモード受信機 古川智也田野 哲森広芳照京大
(21)
RCS
15:50-16:15 フィードバック遅延存在時におけるMIMO伝送方式 小林健一大槻知明東京理科大
(22)
RCS
16:15-16:40 MIMO-OFDMシステムにおける2-D Pilot-Symbol-Aided (PSA) MMSEチャネル推定の演算量削減法 江里口義隆大槻知明東京理科大

講演時間
一般講演(25)発表 18 分 + 質疑応答 7 分
招待講演(45)発表 40 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
RCS 無線通信システム研究会(RCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 辻宏之(独立行政法人情報通信研究機構 横須賀無線通信研究センター)
TEL046-847-5071,FAX046-847-5069
E-:r_- 
IN 情報ネットワーク研究会(IN)   [今後の予定はこちら]
問合先 松尾 真人(NTT未来ねっと研究所)
武蔵野市緑町3-9-11
TEL 0422-59-4156, FAX 0422-59-4810
E-:in-nispl 
お知らせ ◎情報ネットワーク研究会ホームページ
http://www.ieice.org/cs/in/jpn/


Last modified: 2005-05-23 02:13:45


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[IN研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のRCS研究会 / 次のRCS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会