お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ネットワークシステム研究会(NS)
専門委員長 漆谷 重雄 (NII)  副委員長 平松 淳 (NTT)
幹事 木下 和彦 (阪大), 柴田 哲良 (NTT)
幹事補佐 金子 雅志 (NTT)

★無線通信システム研究会(RCS)
専門委員長 府川 和彦 (東工大)  副委員長 村田 英一 (京大), 岡本 英二 (名工大)
幹事 小西 聡 (KDDI研), ベンジャブール アナス (NTTドコモ)
幹事補佐 星野 正幸 (パナソニック), 増野 淳 (NTT), 森田 基樹 (NEC), 岡崎 彰浩 (三菱電機), 三上 学 (ソフトバンクモバイル)

日時 2013年12月18日(水) 10:55~18:50
   2013年12月19日(木) 08:35~19:00
   2013年12月20日(金) 09:00~16:35

会場 高松市文化芸術ホール(サンポートホール高松)ホール棟 会議室(〒760-0019 香川県高松市サンポート2-1 ホール棟5F・6F.ことでん空港リムジンバスに乗り,高松空港からJR高松駅行き約40分,JR高松駅からサンポートホール高松ホール棟まで徒歩3分.http://www.sunport-hall.jp/access/.香川大学 工学部信頼性情報システム工学科 石井光治.087-825-5000 (会場))

議題 モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般

12月18日(水) 午前 RCS1 (会場A:61会議室) (10:55~12:10)
座長: 藤井 正明 (サムスン日本研究所)

(1)/RCS 10:55 - 11:20
Two-wayリレー通信路のための分散SISO畳込み符号の設計
○石井光治(香川大)・Yonghui Li・Branka Vucetic(シドニー大)

(2)/RCS 11:20 - 11:45
空間変調を用いた全二重通信とその応用
○石井光治(香川大)

(3)/RCS 11:45 - 12:10
Performance Analysis of Different Frequency Reuse Schemes Based on Worst Case Signal to Interference Power Ratio in OFDMA Downlink
○Sherief Hashima・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Said Elnoubi・Masoud Alghoniemy(Alexandria Univ.)・Hossam Shalaby(EJUST)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)・Imbaby Mahmoud(EAEA)

12月18日(水) 午前 RCS Expressセッション (会場A:61会議室) (12:10~12:30)
座長: 藤井 正明 (サムスン日本研究所)

(4)/RCS 12:10 - 12:30
Broadband Vector Perturbation for MU-MIMO System Under Delay Spread Channel - Possibility and Problems -
○Tetsuki Taniguchi・Yoshio Karasawa(Univ. of Tokyo)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

12月18日(水) 午後 RCS2 (会場A:61会議室) (13:30~15:10)
座長: 森田 基樹 (NEC)

(5)/RCS 13:30 - 13:55
光無線RNにおけるバックホールリンクとアクセスリンク間の干渉特性
○田野井尚宏(工学院大)・久保尊広・浅井孝浩・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)

(6)/RCS 13:55 - 14:20
Interference Alignment based Distributed Resource Allocation Schemes for HetNets
○Megumi Kaneko・Junto Nakaoka・Kazunori Hayashi・Hideaki Sakai(Kyoto Univ.)

(7)/RCS 14:20 - 14:45
HetNetにおける適応制御型CREのパラメータ最適化に関する検討
○菊地克則(工学院大)・武田和晃・須山 聡・奥村幸彦(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)

(8)/RCS 14:45 - 15:10
ヘテロジーニアスネットワーク下りリンクにおける自律分散型接続セル選択法の高速化に関する一検討
○小泉鉄之祐・池田吉隆・樋口健一(東京理科大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月18日(水) 午後 RCS3 (会場A:61会議室) (15:20~17:00)
座長: 星野 正幸 (パナソニック)

(9)/RCS 15:20 - 15:45
LTE-Advancedにおけるトラヒックロードに応じたスモールセル間セル選択法の検討
○諸我英之・武田和晃(NTTドコモ)・姜 宇(ドコモ北京研)・奥村幸彦(NTTドコモ)

(10)/RCS 15:45 - 16:10
LTE SCEにおけるマクロセルとの連携を活用した効率的なスモールセル検出法のためのセル検出用信号に関する一検討
○原田浩樹・武田和晃・永田 聡(NTTドコモ)・石井啓之(ドコモイノベーションズ)・岸山祥久(NTTドコモ)

(11)/RCS 16:10 - 16:35
LTE-Advancedにおけるスモールセル検出用信号を用いるセル間干渉抑圧技術に関する一検討
○武田和晃(NTTドコモ)・姜 宇(ドコモ北京研)・原田浩樹(NTTドコモ)・石井啓之(ドコモイノベーションズ)

(12)/RCS 16:35 - 17:00
LTE-Advanced下りリンクにおけるセル間干渉をキャンセルする軟判定検出に基づく逐次干渉キャンセラの検討
○佐野洋介・大渡裕介・武田和晃・奥村幸彦(NTTドコモ)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月18日(水) 午後 RCS4 (会場A:61会議室) (17:10~18:50)
座長: 岡崎 彰浩 (三菱電機)

(13)/RCS 17:10 - 17:35
MIMO多重におけるターボSICを用いたときのOFDMAとシングルキャリアFDMAの特性比較
○森 千尋(東京都市大)・川村輝雄・田岡秀和(NTTドコモ)・佐和橋 衛(東京都市大)

(14)/RCS 17:35 - 18:00
MIMO伝送を用いたCollsion Detectionアクセス制御方式の理論解析
○森野善明・平栗健史・小川知将(日本工大)・西森健太郎(新潟大)・吉野秀明(日本工大)

(15)/RCS 18:00 - 18:25
MIMO伝送を用いたCollision Detection実現のための干渉電力推定について
○西森健太郎・川原理彰・堅岡良知(新潟大)・平栗健史(日本工大)・牧野秀夫(新潟大)

(16)/RCS 18:25 - 18:50
アレーアンテナと自己干渉波キャンセラを用いた無線パケット衝突検出法
○川田 渡・林 和則・金子めぐみ・島本拓実・酒井英昭(京大)

12月19日(木) 午前 NS1 (会場A:61会議室) (08:35~10:00)
座長: 平田 孝志(東京理科大)

(17)/NS 08:35 - 09:00
災害システムのCCN応用に関する研究
○余 娜・Arifuzzaman Mohammad・余 恪平・佐藤拓朗(早大)

(18)/NS 09:00 - 09:25
The QoS of Disaster System in CCN Architecture
○Shen Tzu Chieh・Yo Na・Takuro Sato(Waseda Univ.)

(19)/NS 09:25 - 09:50
極値理論を用いた通信ネットワークにおける大規模障害の分析
○船越裕介・松川達哉(NTT)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午前 NS2 (会場A:61会議室) (10:00~11:15)
座長: 小川 剛史(東京大)

(20)/NS 10:00 - 10:25
コグニティブ無線通信における協調センシング方式の性能解析:集中センシングと並行センシング
○片山晴紀・増山博之(京大)・笠原正治(奈良先端大)・高橋 豊(京大)

(21)/NS 10:25 - 10:50
劣環境ネットワークにおけるマルチバッファを用いた優先制御方式
○田嶋翔太(京大)・朝香卓也(首都大東京)・高橋達郎(京大)

(22)/NS 10:50 - 11:15
情報検索と連動したデータ転送プロキシの動的配置方式の検討
○山村新也・江島恒太(富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・鶴 正人(九工大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午前 RCS5 (会場B:54会議室) (08:35~10:00)
座長: 平 明徳 (東北大)

(23)/RCS 08:35 - 09:00
一体型無線端末におけるクロック干渉によるBER特性の劣化の評価
○大崎昂平・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)

(24)/RCS 09:00 - 09:25
拡散符号にM系列を用いた狭帯域化DS-CDM伝送の受信帯域制限フィルタの最適化検討
○大山修毅・太郎丸 真(福岡大)

(25)/RCS 09:25 - 09:50
Orthogonal Code-Multiplexed Frequency-Domain Single-Carrier Spread Spectrum
○Amnart Boonkajay・Fumiyuki Adachi(Tohoku Univ.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午前 RCS6 (会場B:54会議室) (10:00~11:15)
座長: 太郎丸 眞 (福岡大)

(26)/RCS 10:00 - 10:25
Outage Probability Analysis of ZF Receivers in MU-MIMO Systems for Composite Fading Channel
○Ou Zhao・Hidekazu Murata(Kyoto Univ.)

(27)/RCS 10:25 - 10:50
ITS車車間ブロードキャスト通信でのエアタイム占有率に関する検討
○レ ティエン チエン・チェン フィティン・山尾 泰(電通大)

(28)/RCS 10:50 - 11:15
Many to One Transport Capacity of Orthogonal Wireless Sensor Networks based on I-MMSE
○Ajib Setyo Arifin・Tomoaki Ohtsuki(Keio Univ.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午前 無線アクセス・ネットワーク連携技術特集セッション 一般講演1 (会場A:61会議室) (11:25~12:40)
座長: 村田 英一 (京大)

(29)/共通 11:25 - 11:50
リンク近傍ノードの位置に着目した環境認識経路バイパス法の特性評価
○大竹健太・松澤祐貴・山尾 泰(電通大)

(30)/共通 11:50 - 12:15
統合ダイナミックマルチホップパケット通信(IDMH)のシャドウィング環境での伝送特性
○松澤祐貴・山尾 泰・大竹健太・石橋功至(電通大)

(31)/共通 12:15 - 12:40
アンライセンスバンドを用いるマルチホップネットワークにおける広域集中制御型無線リソースマネジメント
○宮本伸一・早田直樹・三瓶政一(阪大)・姜 聞杰(NTT)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

12月19日(木) 午後 無線アクセス・ネットワーク連携技術特集セッション 一般講演2 & 3GPP SON (Self-Organizing Networks) 依頼講演 (会場A:61会議室) (13:40~15:30)
座長: 三上 学 (ソフトバンクモバイル)

(32)/共通 13:40 - 14:05
将来無線アクセス・モバイル光ネットワーク ~ その1 ~
○奥村幸彦・中村武宏(NTTドコモ)

(33)/共通 14:05 - 14:30
将来無線アクセス・モバイル光ネットワーク ~ その2 ~
○奥村幸彦・中村武宏(NTTドコモ)

(34)/共通 14:30 - 15:00
[依頼講演]LTE/LTE-AdvancedのためのSONにおける自動最適化技術
○小西 聡・山本俊明(KDDI研)

(35)/共通 15:00 - 15:30
[依頼講演]LTEヘテロジニアスネットワークにおけるスモールセル基地局向けSONアルゴリズム
○井上高道・小林航生・渡邉吉則・菅原弘人・松永泰彦(NEC)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午後 無線アクセス・ネットワーク連携技術特集セッション,3GPP SAE (System Architecture Evolution) 依頼講演 (会場A:61会議室) (15:40~17:10)
座長: 小島 祐治(富士通研)

(36)/共通 15:40 - 16:10
[依頼講演]3GPPにおける移動通信標準化の動向
○野田昭繁(富士通)

(37)/共通 16:10 - 16:40
[依頼講演]3GPP SA4標準化動向とVoLTEの今後
○三田貴子・江原宏幸(パナソニック)

(38)/共通 16:40 - 17:10
[依頼講演]将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおける無線システム間連携
○山田 曉・森広芳文・奥村幸彦(NTTドコモ)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午後 RCS招待講演 (会場A:61会議室) (17:20~18:05)
座長: 府川 和彦 (東工大)

(39)/共通 17:20 - 18:05
[招待講演]移動無線技術向上に伴うネットワークの発展
○藪崎正実(シスコシステムズ)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月19日(木) 午後 NS招待講演 (会場A:61会議室) (18:15~19:00)
座長: 平松 淳(NTT)

(40)/共通 18:15 - 19:00
[招待講演]TVホワイトスペースを利用した無線通信システムの研究開発と今後の展望
○原田博司・村上 誉・石津健太郎・フィリン スタニスラフ・藍 洲・児島史秀・表 昌祐・水谷圭一・松村 武・伊深和雄(NICT)

12月20日(金) 午前 RCS7 (会場A:61会議室) (09:00~10:40)
座長: 増野 淳 (NTT)

(41)/RCS 09:00 - 09:25
スペクトル拡散信号を用いた無線信号秘匿方式の検討
○高井昭人・笹岡秀一・岩井誠人(同志社大)

(42)/RCS 09:25 - 09:50
低信頼中継局を利用した物理層ネットワークコーディングにおける物理層セキュリティを高める準最適送信電力制御
○山口和馬・田久 修(信州大)・藤井威生(電通大)・大槻知明(慶大)・笹森文仁・半田志郎(信州大)

(43)/RCS 09:50 - 10:15
Physical Layer Network Coding of MIMO System Using THP
○Lengchi Cao・Satoshi Denno(Okayama Univ.)・Daisuke Umehara(Kyoto Inst. of Tech.)

(44)/RCS 10:15 - 10:40
過負荷MIMO-OFDMにおけるトレリス符号化変調信号のスフィア復号と擬似距離を用いた統合復号方式
イルミアワン シュビヒ・○眞田幸俊(慶大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月20日(金) 午前 無線アクセス・ネットワーク連携技術特集セッション 一般講演3 (会場A:61会議室) (10:50~12:30)
座長: 岡本 英二 (名工大)

(45)/共通 10:50 - 11:15
災害時に有効な衛星通信ネットワーク ~ 地上系・衛星系融合マルチモード小型地球局の開発 ~
○亀田 卓(東北大)・小熊 博(富山高専)・笹沼 満(スカパーJSAT)・江口 茂(アイ・エス・ビー)・黒田幸明(サイバー創研)・末松憲治(東北大)

(46)/共通 11:15 - 11:40
QZSSショートメッセージSS-CDMA通信における伝送路推定方式の検討
○平 明徳・三宅裕士・亀田 卓・末松憲治・高木 直・坪内和夫(東北大)

(47)/共通 11:40 - 12:05
LTE-Advanced上での端末間直接通信のための干渉制御の検討
○山崎智春・榮祝剛洋・藤代真人・守田空悟(京セラ)

(48)/共通 12:05 - 12:30
将来無線アクセス・モバイル光ネットワークにおける無線LAN-セルラ間連携に関する一考察
○工藤理一・アベセカラ ヒランタ・鷹取泰司・溝口匡人(NTT)・安田浩人・山田 曉・奥村幸彦(NTTドコモ)

−−− 昼食 ( 60分 ) −−−

12月20日(金) 午後 無線アクセス・ネットワーク連携技術特集セッション 一般講演4 (会場A:61会議室) (13:30~14:45)
座長: 三好 匠(芝浦工大)

(49)/共通 13:30 - 13:55
物理/仮想統合センサメッセージングシステム
○小澤みゆき・三次 仁(慶大)

(50)/共通 13:55 - 14:20
現実的環境下での大規模無線メッシュネットワークのための経路木アルゴリズムの提案
○丸山 渉・舩曵信生・中西 透(岡山大)

(51)/共通 14:20 - 14:45
An Extension of Access-Point Allocation Algorithm for Adapting Link Speed Change in Wireless Mesh Network
○Tamer Farag(Cairo Univ.)・Nobuo Funabiki(Okayama Univ.)・Walaa Hassan(Cairo Univ.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

12月20日(金) 午後 NS3 (会場A:61会議室) (14:55~16:35)
座長: 大坐畠 智(電通大)

(52)/NS 14:55 - 15:20
アドホックネットワークにおける2ホップ信頼性制御を用いたブロック伝送方式
○山崎 託(芝浦工大)・山本 嶺(早大)・三好 匠(芝浦工大)・朝香卓也(首都大東京)

(53)/NS 15:20 - 15:45
[奨励講演]アドホックマルチキャストにおける局所回復経路制御手法
○白井達也・山本 嶺(早大)・三好 匠(芝浦工大)・田中良明(早大)

(54)/NS 15:45 - 16:10
無線センサーネットワークにおける環境発電型ノードの動的タスク・スケジューリング
○前田晃史(京大)・笠原正治(奈良先端大)・高橋 豊(京大)

(55)/NS 16:10 - 16:35
M2Mにおけるデバイスへの統一アクセス手法
○中原祥吾(電通大)・末田欣子(NTT/電通大)・多田好克(電通大)

12月20日(金) 午後 RCS8 (会場B:54会議室) (14:55~16:35)
座長: 眞田 幸俊 (慶大)

(56)/RCS 14:55 - 15:20
仮想シングルセル制御用PONアーキテクチャ
○山田喬彦・西村俊和(立命館大)

(57)/RCS 15:20 - 15:45
クリッピングを用いたセミブラインド干渉アラインメントの特性に関する一検討
○高井真人(静岡大)・石橋功至(電通大)・和田忠浩(静岡大)

(58)/RCS 15:45 - 16:10
分散アンテナネットワークにおけるDS-CDMAおよびSC-FDMAの上りリンク容量比較
○井下翔平・宮崎寛之・安達文幸(東北大)

(59)/RCS 16:10 - 16:35
高速移動環境下におけるシングルキャリア時空間符号化時分割複信伝送のための周波数領域等化に関する一検討
○宮崎寛之・安達文幸(東北大)

一般講演(NS, RCS):発表 18 分 + 質疑応答 7 分
一般講演(依頼講演):発表 20 分 + 質疑応答 10 分
招待講演:発表 35 分 + 質疑応答 10 分

◎RCS研究会のみ3日間開催 (12/18, 12/19, 12/20) となります.NS研究会は2日間開催 (12/19, 12/20) となりますのでご注意願います.
◎12月19日(木)研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.
◎研究会の聴講については事前登録の必要はございませんので直接会場へお越し下さい.聴講は無料ですが,当日会場にて販売する予稿“技術研究報告(技報)”は発表者以外の方については有料(購入任意)となりますのでご注意願います.
◎技報の当日販売価格は下記URLをご覧ください.
http://db.ieice.org/jpn/books/gihou-list.php?year=2013#2


☆NS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2014年1月23日(木)~24日(金) 琉球大学 [11月12日(火)] テーマ:ネットワークソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ、ミドルウエア)、NWアプリケーション、SOA/SDP、NGN/IMS/API、分散制御・ダイナミックルーチング、グリッド、NW及びシステム信頼性、NW及びシステム評価、一般
2014年3月6日(木)~7日(金) 宮崎シーガイア [1月15日(水)] テーマ:一般

【問合先】
NS研究会幹事及び幹事補佐:ns-cat
金子雅志 (NTT)
TEL 0422-59-2847
柴田哲良 (NTT)
TEL 0422-59-3205

◎最新情報は,NS研ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/cs/ns/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.

☆RCS研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

2014年1月23日(木)~24日(金) 九州大学 [11月12日(火)] テーマ:無線通信のための信号処理および一般
2014年3月3日(月)~5日(水) 早稲田大学 [12月9日(月)] テーマ:移動通信ワークショップ

【問合先】
三上 学(ソフトバンクモバイル)
E-mail:r_-

◎最新情報は,RCS研究会ホームページをご覧ください.
http://www.ieice.org/~rcs_ac/jpn/
◎プログラム確定後の発表キャンセルは原則できませんのでご注意下さい.


Last modified: 2013-12-16 11:10:09


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[NS研究会のスケジュールに戻る]   /   [RCS研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会