お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のCOMP研究会 / 次のCOMP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★コンピュテーション研究会(COMP)
専門委員長 和田 幸一 (法政大)  副委員長 増澤 利光 (阪大)
幹事 亀井 清華 (広島大), 古賀 久志 (電通大)

日時 2015年 4月23日(木) 13:10~16:15

会場 東北大学 青葉山キャンパス 電子情報システム・応物系1号館 2階大会議室 (http://www.eng.tohoku.ac.jp/map/?menu=campus&area=d&build=10)(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6-05.仙台駅西口バスプール9番乗り場から工学部経由・動物公園循環、宮教 大、青葉台、成田山のいずれか行きのバスに乗車、「工学部中央」で下車。http://www.eng.tohoku.ac.jp/map/access.html.伊藤 健洋先生, 鈴木 顕先生 (東北大学))

議題 (東北大学大学院情報科学研究科共催)

4月23日(木) (13:10~16:15)

(1) 13:10 - 13:40
Algorithms for Dominating Set Reconfiguration Problem
Arash Haddadan(Univ. of Waterloo)・Takehiro Ito(Tohoku Univ.)・Amer E. Mouawad・Naomi Nishimura(Univ. of Waterloo)・Hirotaka Ono(Kyushu Univ.)・○Akira Suzuki(Tohoku Univ.)・Youcef Tebbal(Univ. of Waterloo)

(2) 13:40 - 14:10
幅系グラフパラメータの近似について
○山崎浩一(群馬大)

(3) 14:10 - 14:40
頂点誘導部分グラフを列挙索引化するフロンティア法
○鈴木浩史・湊 真一(北大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(4) 14:55 - 15:25
フロベニウス硬貨交換問題の近似アルゴリズムに関する一考察
○松原俊一(青学大)

(5) 15:25 - 15:45
一般化メークスパン最小化問題の計算複雑度
○永山恒彦・定兼邦彦(東大)

(6) 15:45 - 16:15
個体群プロトコルモデルにおける緩安定リーダ選挙の複雑性について
○泉 泰介・秦 健二(名工大)

一般講演:発表 25 分 + 質疑応答 5 分


☆COMP研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

6月12日(金)~13日(土) 定山渓ビューホテル [4月10日(金)]

【問合先】
古賀 久志
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
電気通信大学 大学院 情報システム学研究科
E-mail: isc


Last modified: 2015-02-17 22:56:43


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[COMP研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のCOMP研究会 / 次のCOMP研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会