お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


電子デバイス研究会(ED) [schedule] [select]
専門委員長 加地 徹 (豊田中研)
副委員長 原 直紀 (富士通研)
幹事 須原 理彦 (首都大東京), 上田 哲三 (パナソニック)
幹事補佐 葛西 誠也 (北大), 松永 高治 (NEC)

電子部品・材料研究会(CPM) [schedule] [select]
専門委員長 竹村 泰司 (横浜国大)
副委員長 高野 泰 (静岡大)
幹事 圓佛 晃次 (NTT), 阿部 克也 (信州大)
幹事補佐 小舘 淳一 (NTT), 佐藤 知正 (神奈川大)

シリコン材料・デバイス研究会(SDM) [schedule] [select]
専門委員長 奈良 安雄 (富士通セミコンダクター)
副委員長 大野 裕三 (筑波大)
幹事 野村 晋太郎 (筑波大), 笹子 佳孝 (日立)

日時 2013年 5月16日(木) 13:30 - 17:00
2013年 5月17日(金) 09:30 - 16:45
議題 結晶成長、評価及びデバイス(化合物、Si、SiGe、電子・光材料) 
会場名 静岡大学創造科学技術大学院 2階会議室(浜松キャンパス) 
住所 〒432-8011 浜松市中区城北3-5-1
交通案内 JR浜松駅よりバスまたはタクシー(http://gsst.shizuoka.ac.jp/others/access.html
http://gsst.shizuoka.ac.jp
会場世話人
連絡先
電子工学研究所 池田 浩也
お知らせ ◎1日目(5月16日)の研究会終了後、懇親会を予定しておりますのでふるってご参加ください。

5月16日(木) 午後 
13:30 - 17:00
(1) 13:30-13:55 様々な加工処理を施した4H-SiC表面のキャリアライフタイム評価 ○森 祐人・加藤正史・市村正也(名工大)
(2) 13:55-14:20 4H-SiC中の深い準位を形成する欠陥構造の同定の試み ○中根浩貴・加藤正史・市村正也(名工大)・大島 武(原子力機構)
(3) 14:20-14:45 カーボンマスクを用いたGaN両極性同時成長プロセス ○藤田陽平・高野 泰・井上 翼・中野貴之(静岡大)
(4) 14:45-15:10 中性子半導体検出器の実現に向けたBGaN薄膜の作製と評価 ○渥美勝浩・三宅亜紀・三村秀典・井上 翼・青木 徹・中野貴之(静岡大)
  15:10-15:20 休憩 ( 10分 )
(5) 15:20-15:45 γ-Al2O3/Si基板上のPZT薄膜を用いた超音波トランスデューサの受信感度測定と音圧マッピング ○西村将人・尾崎勝弥・赤井大輔・石田 誠(豊橋技科大)・岡田長也(本多電子)
(6) 15:45-16:10 表面窒化によるGaAsN混晶の形成 ○浦上法之・若原昭浩・関口寛人・岡田 浩(豊橋技科大)
(7) 16:10-16:35 The dissolution process of Si into Ge melt and SiGe growth mechanism by X-ray penetration method ○Muthusamy Omprakash・Mukannan Arivanandhan・Raman Aun Kumar・Hiroshi Morii・Toru Aoki・Tadanobu Koyama・Yoshimi Momose・Hiroshi Ikeda・Hirokazu Tatsuoka(Shizuoka Univ.)・Yasunori Okano(Osaka Univ.)・Tetsuo Ozawa(Shizuoka Inst. of Science and Tech.)・Yuko Inatomi(JAXA)・Sridharan Moorth Babu(Anna Univ.)・Yasuhiro Hayakawa(Shizuoka Univ.)
(8) 16:35-17:00 収束イオンビームを用いたPドープSOI基板に対するGaイオン注入とそのゼーベック係数 ○鈴木悠平・三輪一聡(静岡大)・ファイズ サレ(静岡大/学振)・下村 勝・石田明広・池田浩也(静岡大)
5月17日(金) 午前 
09:30 - 16:45
(9) 09:30-09:55 Investigation of monodispersed ZnO nanostructures for dye sensitized solar cells application ○Mani Navaneethan・Jayaram Archana・Tadanobu Koyama・Yasuhiro Hayakawa(Shizuoka Univ.)
(10) 09:55-10:20 Investigations of mesoporous TiO2 spheres as active and scattering layers in dye-sensitized solar cells ○Jayaram Archana・Mani Navaneethan・Tadanobu Koyama・Yasuhiro Hayakawa(Shizuoka Univ.)
(11) 10:20-10:45 Low cost synthesized carbon materials as a photo cathode for dye sensitized solar cells ○Rajan Karthikeyan・Mani Navaneethan・Jayaram Archana・Mukannan Arivanandhan・Yasuhiro Hayakawa(Shizuoka Univ.)
(12) 10:45-11:10 Surface Modified FTO Thin Films for Front Electrodes in Dye Sensitized Solar Cells ○Devinda Liyanage・Kenji Murakami(Shizuoka Univ.)
  11:10-11:20 休憩 ( 10分 )
(13) 11:20-11:45 電気化学的手法によるInP多孔質構造の光吸収特性と光電変換 熊崎祐介・神保亮平・谷田部然治・○佐藤威友(北大)
(14) 11:45-12:10 Electron-tunneling operation of single-dopant-atom transistors at elevated temperature
-- Toward room temperature operation --
○Daniel Moraru・Earfan Hamid・Arup Samanta(Shizuoka Univ.)・Le The Anh(JAIST)・Takeshi Mizuno(Shizuoka Univ.)・Hiroshi Mizuta(JAIST/Southampton Univ.)・Michiharu Tabe(Shizuoka Univ.)
(15) 12:10-12:35 電子的確率共鳴の非侵襲生体信号計測への応用に関する検討 ○今井裕理・葛西誠也(北大)
  12:35-13:30 昼食 ( 55分 )
(16) 13:30-14:05 [招待講演]シリサイド半導体の結晶成長とデバイス応用 ○鵜殿治彦(茨城大)
(17) 14:05-14:30 CMOSイメージセンサ技術を用いたファブリペロー干渉計による非標識バイオセンサ ○小澤 遼・高橋一浩・大山泰生・二川雅登・太斎文博・石田 誠・澤田和明(豊橋技科大)
(18) 14:30-14:55 CuとFeを担持したTiO2スパッタ薄膜の光触媒特性の評価 ○山田良隆・渥美 剛・白木 遼・以西雅章(静岡大)・安田洋司・星 陽一(東京工芸大)
(19) 14:55-15:20 高効率水素生成に向けたSiCキャリアライフタイム評価 ○三宅景子・安田智成・加藤正史・市村正也(名工大)・畑山智亮(奈良先端大)・大島 武(原子力機構)
  15:20-15:30 休憩 ( 10分 )
(20) 15:30-15:55 LiMn2O4薄膜の電池特性の改善 ○野口貴史・丹羽彬夫・木村将士・柴田智志・以西雅章・冨田靖正(静岡大)
(21) 15:55-16:20 Improvement of photovoltaic characteristics of B-doped Czochralski-Silicon by Ge codoping ○Mukannan Arivanandhan(Shizuoka Univ.)・Raira Gotoh・Kozo Fujiwara(Tohoku Univ.)・Yasuhiro Hayakawa(Shizuoka Univ.)・Satoshi Uda(Tohoku Univ.)・Makoto Konagai(Tokyo Inst. of Tech.)
(22) 16:20-16:45 Hydrothermal Synthesis of ZnO Nanowire Network using Zinc Acetate Dyhydrate for the DSSC Application ○Rangga Winantyo・Kenji Murakami(Shizuoka Univ.)

講演時間
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
ED 電子デバイス研究会(ED)   [今後の予定はこちら]
問合先 須原 理彦(首都大)
TEL : 042-677-2765 Fax : 042-677-2756
E- : t
上田 哲三(パナソニック)
TEL:075-956-8273、FAX:075-956-9110
E-zopac 
CPM 電子部品・材料研究会(CPM)   [今後の予定はこちら]
問合先  
SDM シリコン材料・デバイス研究会(SDM)   [今後の予定はこちら]
問合先 小野 行徳(NTT)
Tel 046-240-2641 Fax 046-240-4317
E-: o 


Last modified: 2013-05-15 01:49:51


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ED研究会のスケジュールに戻る]   /   [CPM研究会のスケジュールに戻る]   /   [SDM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会