お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★情報セキュリティ研究会(ISEC)
専門委員長 林 彬  副委員長 川村 信一, 森井 昌克
幹事 藤岡 淳, 廣瀬 勝一
幹事補佐 土井 洋

★オフィスインフォメーションシステム研究会(OIS)
専門委員長 森井 昌克
幹事 水谷 直樹, 松浦 宣彦

日時 2004年11月 8日(月) 13:30~16:45
   2004年11月 9日(火) 09:00~16:10

会場 大阪大学吹田キャンパス,コンベンションセンター 研修室(http://www.osaka-u.ac.jp/jp/about/map/index.html.情報科学研究科 藤原融)

議題 一般

11月8日(月) 午後 (13:30~16:45)

(1) 13:30 - 13:55
3乗剰余および非剰余に基づくツイスト手法
○日高善仁・小原真由美・野上保之・森川良孝(岡山大)

(2) 13:55 - 14:20
A Reconfigurable Dual-Field Multiplier for GF(P) and GF(2n)
○Ryo Namba・Masaru Takesue(Hosei Univ)

(3) 14:20 - 14:45
An Algebraic Surface Public-key Cryptosystem
○Koichiro Akiyama(TOSHIBA)・Yasuhiro Goto(Hokkaido Univ. of Edu.)

(4) 14:45 - 15:10
A Construction of Public-Key Crptosystem Based on Algebraic Coding and Random Coding Techniques over F2m
○Masao Kasahara(Osaka Gakuin Univ.)

−−− 休憩 ( 20分 ) −−−

(5) 15:30 - 15:55
大規模グループにおいて所属無効化が可能なグループ署名方式
○窪岡史章・中西 透・舩曵信生(岡山大)

(6) 15:55 - 16:20
Paillier暗号をもとにしたしきい値暗号について
○石原 武・青野 博・本郷節之(NTTドコモ)・四方順司(横浜国大)

(7) 16:20 - 16:45
How to improve the insecurity of Canetti-Goldreich-Halevi public-key cryptosystems
○Yoshinari Kobayashi(Chuo Univ.)・Shigeo Tsujii(IISEC)

11月9日(火) 午前 (09:00~12:10)

(8) 09:00 - 09:25
スケーラブルで単一攻撃点のないイベント順序証明システム実現機構
○堀田英一・小野 諭・石本英隆(NTT)

(9) 09:25 - 09:50
イベント順序証明を用いた長期有効性保証タイムスタンプシステム
○石本英隆・小野 諭・堀田英一(NTT)

(10) 09:50 - 10:15
暗号を用いたプロトコルに対するコスト最小攻撃の形式的導出法
○馬山貴峰・吉田真紀・藤原 融(阪大)

(11) 10:15 - 10:40
Transformation-Free Proxy Cryptosystems with Limited Authorization
○Lihua Wang(Tsukuba Univ.)・Zhenfu Cao(Shanghai Jiao Tong Univ.)・Eiji Okamoto・Ying Miao・Takeshi Okamoto(Tsukuba Univ.)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(12) 10:55 - 11:20
P2Pサービス向け使い捨て鍵型認証方式
○福田洋治(徳島大)・細谷 匠・白石善明(近畿大)・森井昌克(徳島大)

(13) 11:20 - 11:45
サービスコネクタによるアクセス制御とシングルサインオンの実現
○福田洋治(徳島大)・二宮健人・白石善明(近畿大)・森井昌克(徳島大)

(14) 11:45 - 12:10
IP電話網の普及競争に関する一考察
○水谷直樹(奈良産大)

11月9日(火) 午後 (13:25~16:10)

(15) 13:25 - 13:50
ウイルス仮想感染モニタリングシステム
○広岡俊彦(徳島大)・白石善明(近畿大)・森井昌克(徳島大)・星澤裕二(セキュアブレイン)・中尾康二(KDDI)

(16) 13:50 - 14:15
ウイルス解析を目的としたメモリ上の不正コード検出システムの構築
○市川幸宏・神薗雅紀(徳島大)・白石善明(近畿大)・森井昌克(徳島大)

(17) 14:15 - 14:40
イベント依存モデルによる不正アクセス予測システムの設計
○蓮井亮二(徳島大)・白石善明(近畿大)・森井昌克(徳島大)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(18) 14:55 - 15:20
サーバーファームにおける電子証明書を用いたサーバーの脆弱性管理システムの提案
○西川 求・奥田 剛・山口 英(奈良先端大)

(19) 15:20 - 15:45
インターネット会計システム ~ モデル駆動型アーキテクチャでの開発 ~
○堀之上大介・大森健児(法政大)

(20) 15:45 - 16:10
Complexity of the Chabaud-Joux Attack on SHA-0 with Different Message Schedules
○Mitsuhiro Hattori・Shoichi Hirose・Susumu Yoshida(Kyoto Univ.)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◎8日研究会終了後,懇親会を予定していますので御参加ください.また,8日の開始及び終了時刻が会告と異なっておりますのでご注意下さい.こちらが正しいプログラムです.


☆ISEC研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

12月17日(金) 機械振興会館 [10月20日(水)] テーマ:一般

【問合先】
廣瀬勝一(京都大学情報学研究科)
TEL075-753-5316,FAX075-753-4982
E-mail: ic-c(幹事,幹事補佐宛)

☆OIS研究会

【問合先】
水谷 直樹(奈良産業大学 経営学部)
〒636-8503 奈良県生駒郡三郷町立野北
TEL0745-73-7800,FAX0745-72-0822
_m


Last modified: 2004-11-04 09:04:20


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[ISEC研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のISEC研究会 / 次のISEC研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会