電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のUS研究会 / 次のUS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会はオンライン開催といたします.


★超音波研究会(US)
専門委員長 三浦 光 (日大)  副委員長 近藤 淳 (静岡大), 小池 義和 (芝浦工大)
幹事 小山 大介 (同志社大), 荒川 元孝 (東北大)
幹事補佐 平田 慎之介 (東工大)

日時 2020年 8月26日(水) 13:00~16:10

会場 オンライン開催

議題 水中音響, 一般(共催:海洋音響学会)

8月26日(水) 午後 水中音響, 一般(共催:海洋音響学会) (13:00~16:10)

(1) 13:00 - 13:25
レガシーデータの救出と解析 ~ 音響学的手法を含む多面的深海底長期連続観測の活用 ~
○岩瀬良一(海洋研究開発機構)

(2) 13:25 - 13:50
空間周波数フィルタを用いた非接触式超音波板厚測定手法の実測データによる評価
○上前 舜(神奈川大)・虻川和紀(木更津高専)・佐藤智夫・松本さゆり(港湾空港技研)・干場功太郎・土屋健伸・遠藤信行(神奈川大)

(3) 13:50 - 14:15
ドプラーシフトを利用した音速プロファイル取得手法の検討
○吉口将人・小笠原英子・森 和義(防衛大)

(4) 14:15 - 14:40
広帯域計量魚群探知機の較正
○今泉智人(水産研究・教育機構)

−−− 休憩 ( 15分 ) −−−

(5) 14:55 - 15:20
FDTD法による海面反射波変動特性の解析
○津久井智也(東工大)・平田慎之介(千葉大)・蜂屋弘之(東工大)

(6) 15:20 - 15:45
横方向分解能を考慮した二成分マルチレイリーモデルによる肝病変定量評価精度の検討
○張 闖・平田慎之介・蜂屋弘之(東工大)

(7) 15:45 - 16:10
超音波導波路内に浮揚する粉体の挙動
○小松浩之・小山大介・松川真美(同志社大)

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

◆日本音響学会;超音波研究委員会, IEEE UFFC Society Japan Chapter共催

◎新型コロナウイルスの感染拡大防止のため本研究会はオンライン開催といたします.


☆US研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

9月28日(月) オンライン開催 [7月13日(月)] テーマ:一般(共催:東北大学電気通信研究所 超音波エレクトロニクス研究会、日本超音波医学会光超音波画像研究会、レーザー学会光音響イメージング技術専門委員会)
11月5日(木) 愛知工業大学 八草キャンパス [9月15日(火)] テーマ:一般

【問合先】
小山 大介(同志社大)
TEL: 0774-65-6300
E-mail: ds
荒川 元孝(東北大)
TEL: 022-795-7079
E-mail: aecei

◎最新の情報はホームページでご確認ください。
http://www.ieice.org/~us


Last modified: 2020-11-06 15:34:24


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[US研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のUS研究会 / 次のUS研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会