お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


光通信システム研究会(OCS) [schedule] [select]
専門委員長 山林 由明 (千歳科技大)
幹事 杉崎 隆一 (古河電工), 石田 修 (NTT)

光ファイバ応用技術研究会(OFT) [schedule] [select]
専門委員長 立田 光廣 (千葉大)
幹事 冨田 茂 (NTT), 服部 知之 (住友電工)
幹事補佐 木原 満 (NTT), 大村 真樹 (住友電工)

放送技術研究会(ITE-BCT) [schedule] [select]
委員長 高田 政幸 (NHK技研)
担当幹事 田中 基晴 (古河電気工業)

通信研究会(IEE-CMN) [schedule] [select]
幹事 湯澤 功 (東京電力)
幹事補佐 登内 勇人 (電気学会)

日時 2007年11月21日(水) 13:30 - 16:50
2007年11月22日(木) 09:30 - 16:00
議題 アクセスシステムおよびアクセス用光部品,光無線システム(ROF,FWA等)光映像伝送(CATV含む),オペレーション/保守監視,光計測,光ファイバ,光ファイバケーブル,一般 
会場名 大阪大学附属図書館吹田分館視聴覚ホール 
住所 〒565-0871大阪府吹田市山田丘2-1
交通案内 大阪モノレール彩都線阪大病院前駅下車、徒歩20分
http://suita.library.osaka-u.ac.jp/guide2.html#3
会場世話人
連絡先
大阪大学大学院工学研究科 電気電子情報工学専攻 松本正行先生
06-6877-5111
お知らせ ◎21日研究会終了後、キャンパス内にて懇親会を予定しています。
懇親会会場; GSEコモン・イースト棟15階「ラ・シェーナ」http://www.senri-htl.co.jp/lascena/
懇親会会費;一般3000円、学生2000円

11月21日(水) 午後 
13:30 - 16:50
(1)
OFT
13:30-13:55 専用工具レスで中間後分岐可能な少心架空ケーブルの開発 ○安冨徹也・塚本昌義・岡田 昇(古河電工)
(2)
OFT
13:55-14:20 室内配線用高強度光コネクタ付ケーブルの開発 ○磯谷健次・石川弘樹・服部知之・横町之裕(住友電工)・鈴木健一(住友電工ハイプレシジョン)
(3)
OFT
14:20-14:45 高密度光インターコネクション用光ファイバテープ心線の開発 ○伊佐地瑞基・石田 格・鯰江 彰・石川隆朗・村田 暁・松尾昌一郎・姫野邦治(フジクラ)
  14:45-15:00 休憩 ( 15分 )
(4)
OFT
15:00-15:25 ファイバテーパを利用したモード変換器 ○小山 良・木原 満・冨田 茂(NTT)
(5)
OFT
15:25-15:50 テーパ部の空孔を制御したフォトニック結晶ファイバカプラの設計および作製 ○横田浩久・川尻宏樹・八嶋紘寛・佐々木 豊(茨城大)
(6)
OFT
15:50-16:15 ハイパワー通信光線路の試験監視システムにおける課題と対策 ○大串幾太郎・荒木則幸・東 裕司(NTT)
(7)
共通
16:15-16:50 [招待講演]地球温暖化を調査する海洋観測の現状と将来的な展望 ~ 望まれる光技術の応用 ~ ○松本健寛(海洋研究開発機構)
11月22日(木) 午前 
09:30 - 16:00
(8)
共通
09:30-09:55 アドホック無線ネットワークにおける音声同報通話システムの検討 ○稲村浩之(東芝)
(9)
共通
09:55-10:20 全光パラレルシリアル変換を用いた光時分割多重型アクセスシステムの検討 ○山下育男(関西電力)・藤井亮浩・村井 仁・藤井浩三(OKI)
(10)
共通
10:20-10:45 光学デバイスを用いた光無線通信における時分割多元接続システム ○石田友美・小川賀代(日本女子大)
  10:45-11:00 休憩 ( 15分 )
(11)
OCS
11:00-11:25 NTPハードウェア実装を用いたクロック配信技術 ○山田義朗・小林正啓・久留賢治・手島光啓・石田 修(NTT)
(12)
OCS
11:25-11:50 広域ユビキタスネットワーク用デジタル光ファイバ無線技術 ○桑野 茂・鈴木康夫・山田義朗・渡邊和二(NTT)
(13)
OCS
11:50-12:15 RSOAを用いたWDM-PON方式におけるSCM技術による伝送速度対称化の検討 ○縣 亮(KDDI研)・K. Y. Cho・Y. J. Lee(KAIST)・村上絢子(KDDI研)・Y. Takushima・Y. C. Chung(KAIST)・堀内幸夫(KDDI研)
  12:15-13:15 休憩 ( 60分 )
(14)
OCS
13:15-13:40 基地局選択に波長可変光源を用いたミリ波帯光ファイバ無線アクセスシステム ○池田研介(電中研)
(15)
OCS
13:40-14:05 光多重化方式と光ファイバ無線ネットワークによる分散アンテナ方式の提案 ○本並裕輔・ルン ホン ハイ・東野武史・塚本勝俊・小牧省三(阪大)・安川交二・熊本和夫(阪工大)・稲垣恵三(ATR)
(16)
OCS
14:05-14:30 光ホモダイン検波による広帯域FM変調方式に関する検討 -2- ~ 伝送特性とバイアス制御方式 ~ ○大平智亮・布施 優(松下電器)
  14:30-14:45 休憩 ( 15分 )
(17)
OCS
14:45-15:10 防護壁型クマゼミ対策ドロップケーブルの開発 ○塚本昌義・佐野博一・大橋富男・安冨徹也・岡田 昇(古河電工)
(18)
OCS
15:10-15:35 160Gbps非線形RZパルス伝送における偏波モード分散補償 ○朝倉洋佑・前田譲治・福地晋也(東京理科大)
(19)
OCS
15:35-16:00 Restrict Mode Excitation法による超低分散スロープ-大Aeff-NZ-DSF ○今村勝徳・武笠和則・忠隈昌輝・杉崎隆一・八木 健(古河電工)

講演時間
招待講演発表 30 分 + 質疑応答 5 分
一般講演発表 20 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
OCS 光通信システム研究会(OCS)   [今後の予定はこちら]
問合先 杉崎 隆一 (古河電気工業株式会社)
TEL 0436-42-1728, FAX 0436-42-9340
E-: r-giCHFURUKAWA 
OFT 光ファイバ応用技術研究会(OFT)   [今後の予定はこちら]
問合先 大村 真樹(住友電気工業(株)光通信研究所)
〒244-8588横浜市栄区田谷町1
Tel:045-853-7163 FAX: 045-851-5300
E-: ohi 
ITE-BCT 放送技術研究会(ITE-BCT)   [今後の予定はこちら]
問合先 田中 基晴(古河電気工業(株)ファイテル・フォトニクス研究所 オプト・ユニティチーム)
〒290-8555千葉県市原市八幡海岸通り6
TEL:0436-42-1784 FAX:0436-42-9340
E-:  
IEE-CMN 通信研究会(IEE-CMN)   [今後の予定はこちら]
問合先 湯澤 功(東京電力(株))
TEL:03-4216-7502, FAX:03-4216-6019
E-iopco 


Last modified: 2007-11-06 17:05:54


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[OCS研究会のスケジュールに戻る]   /   [OFT研究会のスケジュールに戻る]   /   [ITE-BCT研究会のスケジュールに戻る]   /   [IEE-CMN研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   / [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会