お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップ  戻る   前のSWIM研究会 / 次のSWIM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 

★ソフトウェアインタプライズモデリング研究会(SWIM)
専門委員長 堀米 明 (フィジオ)  副委員長 野地 保 (東海大)
幹事 片岡 信弘 (東海大), 黒瀬 晋 (NEC)
幹事補佐 須栗 裕樹 (宮城大), 坂下 善彦 (湘南工科大)

日時 2011年 8月26日(金) 13:00~18:05

会場 機械振興会館6階6D-4号室(東京都港区芝公園3-5-8.東京メトロ日比谷線:神谷町駅下車徒歩10分、JR:浜松町駅下車徒歩20分、都営地下鉄三田線:御成門駅・大江戸線:赤羽橋駅下車徒歩10分.http://www.jcmanet.or.jp/gaiyo/map_kaikan.htm.03-3434-8211)

議題 提案型エンタプライズモデリング,一般

8月26日(金) 午後 (13:00~18:05)
座長: 坂下 善彦(湘南工科大学)

(1) 13:00 - 13:05
委員長挨拶

(2) 13:05 - 14:05
[基調講演]本格研究による人起点のサービス工学基盤技術開発事業の概要
○持丸正明(産総研)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(3) 14:15 - 14:45
インタラクティブな学習方式による情報システム構築の大学教育についての提案
○石野正彦・上田翔太(福井工大)・工藤 司(静岡理工科大)・五月女健治(法政大)・片岡信弘(東海大)

(4) 14:45 - 15:15
Towards Automatic Recovering of Latent Requirement Traceability among SysML Diagrams
○Yoshihisa Udagawa(Tokyo Polytechnic Univ.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(5) 15:25 - 16:25
[特別講演]デザインプロジェクトALPS (Active Leaning Project Sequence) ~ 大学間国際連携による実課題解決型プロジェクト学習 ~
○白坂成功・春山真一郎・前野隆司(慶大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

(6) 16:35 - 17:05
哀情報による自己管理型カルテモデルの検討
○石川希人・野地 保(東海大)・黒瀬 晋(NECソフトウェア北陸)・荻野 正(三菱電機インフォメーションテクノロジー)

(7) 17:05 - 17:35
哀情報による遠隔在宅ライフ支援モデルの提案
○野地 保・児山佳大(東海大)

(8) 17:35 - 18:05
人間の認識に基づく継続管理の検討課題と意識に関わる問題および今後のモデルへの展望の提案 ~ 人間の認識とモデリングの視点から ~
○長 香奈恵

(9) 18:00 - 18:05
副委員長挨拶

一般講演:発表 25 分 + 質疑応答 5 分


☆SWIM研究会今後の予定 [ ]内発表申込締切日

10月6日(木) (予定) 幕張メッセ 国際会議場国際会議場 3F-304  テーマ:災害復興のための提案型エンタプライズモデル-CEATECの一環として開催
11月18日(金) 東海大学 高輪キャンパス [9月10日(土)] テーマ:提案型エンタプライズモデリング ワークショップ

【問合先】
坂下善彦 湘南工科大学
siinfosn-it


Last modified: 2011-08-17 13:58:59


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[SWIM研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のSWIM研究会 / 次のSWIM研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会