電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催プログラム
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップ  戻る   前のAI研究会 / 次のAI研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


人工知能と知識処理研究会(AI) [schedule] [select]
専門委員長 菅原 俊治 (早大)
副委員長 峯 恒憲 (九大), 片上 大輔 (東京工芸大)
幹事 服部 宏充 (立命館大), 福田 直樹 (静岡大)
幹事補佐 清 雄一 (電通大)

日時 2015年12月 4日(金) 10:15 - 16:55
議題 「データ市場特集?:イノベーション資源としての論理とデータ」および一般 
会場名 九州工業大学 サテライト福岡天神 

12月4日(金) 午前 
10:15 - 16:55
(1) 10:15-10:35 共創的アブダクションの場としてのIMDJ 大澤幸生東大
(2) 10:35-10:55 IMDJデータの論理的な扱いについて 阿部明典千葉大
(3) 10:55-11:15 拡張ゴールグラフ 清水拓朗久代紀之九工大
(4) 11:15-11:35 フレームワークによる思考プロセス ~ QFDの定量化と求められるスキルの探究 ~ 中村 潤金沢工大)・寺本正彦ボルボ
(5) 11:35-11:55 データジャケットを活用した、同業種間で共有できる課題管理システムの提案 谷中 瞳大澤幸生東大
(6) 11:55-12:15 イノベーションの共創と科学リテラシーの涵養に関する一考察 奈良由美子放送大
  12:15-13:15 休憩 ( 60分 )
(7) 13:15-13:55 [特別講演]IMDJで拡がるデータ駆動型イノベーション 秋元正博高階勇人構造計画研
(8) 13:55-14:15 ビジョンセンサを用いたゲームストーミング支援ツール ~ ゲームストーミング支援ツールの試作と評価 ~ 久代紀之江平達哉九工大
(9) 14:15-14:35 ゲームストーミング支援ツールを用いた設計のプロセスの分析 ~ 設計のプロセスにおける、会話と人の動きの特徴や違い ~ 江平達哉久代紀之九工大
(10) 14:35-14:55 A Clock Map for Public Concern Visualization Method
-- Initial Proposal for Concern Visualization --
Takanari MatsudaMasaharu TsubokuraYukio OhsawaUniv. of Tokyo
  14:55-15:15 休憩 ( 20分 )
(11) 15:15-15:35 時系列データにおける顕在的構造変化検知 春日瑛大澤幸生東大)・吉野貴晶蘆田峻一大和証券
(12) 15:35-15:55 A Streaming Algorithm on a Big Data Replay Engine is Best Written as a jQuery Script Marat ZhanikeevKyutech
(13) 15:55-16:15 動作音からみた半導体製造装置の故障予知技術 中田大貴久代紀之九工大
(14) 16:15-16:35 ライフイベントセンサ組み込み実装と評価 友永一生久代紀之九工大
(15) 16:35-16:55 レシピ共有サイトにおける料理間分類と特徴抽出 江本 守大澤幸生東大

講演時間
一般講演発表 15 分 + 質疑応答 5 分

問合先と今後の予定
AI 人工知能と知識処理研究会(AI)   [今後の予定はこちら]
問合先 人工知能と知識処理研究会 幹事
E-:ai-sff 


Last modified: 2015-09-17 04:59:30


ご注意: 迷惑メール対策のためメールアドレスの一部の文字を置換しております.ご了承ください.

[この開催に関する講演論文リストをダウンロードする] ※ こちらのページの最下にあるダウンロードボタンを押してください
 

[技術研究報告冊子体販売対象研究会向け:技報の当日価格一覧] ※ 開催2週間前頃に掲載されます
 
[研究会発表・参加方法,FAQ] ※ ご一読ください
 
[研究会資料インデックス(vol. no.ごとの表紙と目次)]
 

[AI研究会のスケジュールに戻る]   /  
 
 トップ  戻る   前のAI研究会 / 次のAI研究会 [HTML] / [HTML(simple)] / [TEXT]  [Japanese] / [English] 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会