電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2006-05-19 11:15
無線メッシュネットワークにおける効率的な通信方法の提案
板谷聡子長谷川 淳デイビス ピーター門脇直人小花貞夫ATR
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線メッシュネットワークにおいて,アクセスポイント配下に存在する複数の子機が,同時に他のアクセスポイント配下に存在する子機とVoIP(Voice over IP)やネットワークゲームのようなリアルタイム性が要求される通信を行う場合がある.本論文では,アクセスポイント間でやりとりするパケットを複数個束ねることにより,低パケットロス・低遅延なパケット転送方法を提案する.提案方式を使用することにより,通常のユニキャスト通信を使用し,5セッションまで通話を増加させた場合に平均350ミリ秒だった片方向遅延を20ミリ秒まで抑えることに成功した. 
(英) We porpose a method for improving capacity for real time applications as VoIP (Voice over IP) and network games in wireless mesh networks which use the 802.11 media access protocol. In this paper, we present experimental results which demonstrate a dramatic reduction in the average of one way packet latency from over 350 to 20 milliseconds in the case of 5 concurrent VoIP sessions.
キーワード (和) 無線メッシュネットワーク / 802.11 / リアルタイム通信 / VoIP / / / /  
(英) Wireless mesh network / 802.11 / real-time communication / VoIP / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, 2006年5月.
資料番号  
発行日 2006-05-11 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA IPSJ-MBL  
開催期間 2006-05-18 - 2006-05-19 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ユビキタスネットワーク, ITS,センサーネットワーク,アドホックネットワーク【情報処理学会MBL研究会と共催】 
テーマ(英) Ubiquitous Network, ITS, Sensor Network, Adhoc Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2006-05-MoMuC-IPSJ-MBL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線メッシュネットワークにおける効率的な通信方法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Efficient Transmission Method for Wireless Mesh Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線メッシュネットワーク / Wireless mesh network  
キーワード(2)(和/英) 802.11 / 802.11  
キーワード(3)(和/英) リアルタイム通信 / real-time communication  
キーワード(4)(和/英) VoIP / VoIP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 板谷 聡子 / Satoko Itaya / イタヤ サトコ
第1著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 淳 / Jun Hasegawa / ハセガワ ジュン
第2著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) デイビス ピーター / Peter Davis / デイビス ピーター
第3著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 門脇 直人 / Naoto Kadowaki / カドワキ ナオト
第4著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小花 貞夫 / Sadao Obana / オバナ サダオ
第5著者 所属(和/英) ATR適応コミュニケーション研究所 (略称: ATR)
ATR Adaptive Communication Research Laboratories (略称: ATR)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2006-05-19 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2006-21 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.44 
ページ範囲 pp.115-118 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MoMuC-2006-05-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会