電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2008-01-24 15:15
無線LANハンドオーバ時のDCCP予測レート制御のためのジッタ観測値利用の検討
田村大輔大塚裕太石原 進静岡大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線LANにおいて各端末は遅延,帯域幅,接続端末数など,特性の異なる無線AP 間を相互にハンドオーバする.移動先AP が混雑した状況であった場合,利用可能帯域幅が急激に減少するため,既存の観測値に基づくレート制御では送信レート変更が環境変化に対応しきれず,ハンドオーバ端末と移動先APに先に接続済みの端末との間に不公平性が生じてしまう.移動先APの環境を事前に把握し,ハンドオーバ直後あるいは直前に,ハンドオーバ後の環境にあわせてレートを変更することが不公平性緩和に有効と考えられる.本稿では,トランスポート層にDCCP CCID3 を用いることを前提に,ハンドオーバ後に適用可能なレートをハンドオーバ先のジッタ測定結果に基づいて決定することを提案する.また,シミュレーションにより,ジッタ測定によりDCCP CCID3 での利用送信レート予測が可能であり,ハンドオーバ時にこの予測値を利用して送信レートを設定することが有効であることを示す. 
(英) On wireless LANs, a mobile host handovers between wireless LAN access points where characteristics such as delay, bandwidth and packet-loss rate are different. If a new destination access point is congested, mobile host's effective bandwidth will rapidly decrease, and it will cause unfairness of data sending rate between preexistent nodes at the new access point and the mobile host. To prevent such unfairness, it will be effective to calculate new sending rate based on the available bandwidth at a new access point. In this paper propose to use jitter to predict available bandwidth at a new access point for DCCP CCID3. Simulation results show that we can estimate DCCP sending rate using jitter at a access point and applying the estimated sending rate to the sending rate of a mobile host just after a handover is effective.
キーワード (和) 無線LAN / ハンドオーバー / ビデオストリーミング / QoS制御 / DCCP / / /  
(英) wireless LANs / handover / video streaming / QoS control / DCCP / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, 2008年1月.
資料番号  
発行日 2008-01-17 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 USN CQ MoNA  
開催期間 2008-01-24 - 2008-01-25 
開催地(和) 浜松アクトシティ研修交流センター 
開催地(英) Kenshu Kouryu Center, Actcity Hamamatsu (Shizuoka) 
テーマ(和) アプリケーション品質,モバイルP2P,ユビキタスネットワーク,アドホックネットワーク,センサネットワーク,一般 
テーマ(英) Application quality, Mobile P2P, Ubiquitous networks, Ad hoc networks, Sensor network, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2008-01-USN-CQ-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANハンドオーバ時のDCCP予測レート制御のためのジッタ観測値利用の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Using jitter for predictive rate control of DCCP sending rate on handover in wireless LANs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless LANs  
キーワード(2)(和/英) ハンドオーバー / handover  
キーワード(3)(和/英) ビデオストリーミング / video streaming  
キーワード(4)(和/英) QoS制御 / QoS control  
キーワード(5)(和/英) DCCP / DCCP  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田村 大輔 / Daisuke Tamura / タムラ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学大学院 (略称: 静岡大)
Graduate School of Engineering, Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 裕太 / Yuta Otsuka / オオツカ ユウタ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学大学院 (略称: 静岡大)
Graduate School of Engineering, Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 進 / Susumu Ishihara / イシハラ ススム
第3著者 所属(和/英) 静岡大学創造科学技術大学院 (略称: 静岡大)
Graduate School of Science and Techonology, Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2008-01-24 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2007-69 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.446 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2008-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会