電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-25 13:00
TV放送波を利用したヒト検知システムへの時間ダイバーシチの適用
西 正博坂本靖紀高橋 茂吉田彰顕広島市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 筆者らは新しい防犯システムとして,UHF帯TV放送波を利用したヒト検知システムを検討している.現在のシステムでは,1秒前との受信レベルの変動幅(変動レベル)を解析し,その変動レベルがある閾値を超えるか否かで室内のヒトの有無を識別している.しかし,ヒトの動きは様々であり,1秒前との変動レベルのみでは確実に検知できない動きがある.したがって,様々なヒトの動きに対する1秒より速いもしくは遅い受信レベル変動にも対応できるような,より高精度な検知方法の検討が重要である.本研究では,様々な受信レベル変動の検知を実現するため,時間ダイバーシチ(TDD:Time Delay Diversity)の概念を取り入れ,様々な時間差による変動レベルを用いる新たなヒト検知方法を検討した.実験結果より,TDDを適用した場合にヒト検知確率が約40%改善できることを明らかにした. 
(英) We have proposed the new human detection system using UHF band TV broadcasting waves. This system can detect the human presence in a room by monitoring whether the fluctuation level that is the difference of the received levels every one second exceeds a threshold or not. However, this system has a possibility of overlooking some fluctuation levels due to various human movements. Therefore, in our system, it is necessary to investigate the high accuracy detection method that can response various fluctuation levels with fading durations more or less than one second. In order to achieve the detection of the various fluctuation levels, we have studied the new human detection method with the Time Delay Diversity (TDD) technique. From measurement results, we clarified that the TDD system achieved 40% improvement in detection probabilities.
キーワード (和) ヒト検知 / TV放送波 / UHF帯 / 変動レベル / 時間ダイバーシチ / / /  
(英) Human Detection / TV Broadcasting Wave / UHF Band / Fluctuation Level / Time Delay Diversity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, 2007年1月.
資料番号  
発行日 2007-01-18 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA  
開催期間 2007-01-25 - 2007-01-26 
開催地(和) 広島市まちづくり市民交流プラザ 
開催地(英)  
テーマ(和) 4Gに向けたモバイルマルチメディア,モバイル通信品質,モバイルコンテンツマネジメント,モバイルセキュリティ 
テーマ(英) Mobile Multimedia for 4G, Mobile Communication Quality, Mobile Content Management, Mobile Security 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2007-01-MoMuC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TV放送波を利用したヒト検知システムへの時間ダイバーシチの適用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of Time Delay Diversity to Human Detection System using TV Broadcasting Wave 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ヒト検知 / Human Detection  
キーワード(2)(和/英) TV放送波 / TV Broadcasting Wave  
キーワード(3)(和/英) UHF帯 / UHF Band  
キーワード(4)(和/英) 変動レベル / Fluctuation Level  
キーワード(5)(和/英) 時間ダイバーシチ / Time Delay Diversity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 西 正博 / Masahiro Nishi / ニシ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 靖紀 / Yasuki Sakamoto / サカモト ヤスキ
第2著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 茂 / Shigeru Takahashi / タカハシ シゲル
第3著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 彰顕 / Teruaki Yoshida / ヨシダ テルアキ
第4著者 所属(和/英) 広島市立大学 (略称: 広島市大)
Hiroshima City University (略称: Hiroshima City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-25 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2006-63 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.498 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2007-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会