お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2007-01-19 11:25
機械学習によるネットワークIDSログデータの解析および可視化
大庭隼人宋 中錫高倉弘喜岡部寿男京大IA2006-36
抄録 (和) ネットワーク不正侵入検知システム(IDS)は誤検出が多く、ログが膨大になることが知られている。そのため、管理者の負荷を軽減すべく種々のデータマイニング手法や可視化手法が提案されている。現状ではそのテストデータにはKDDCup'99のデータが広く利用されているが、データが作成時期が古く現在のIDSログデータとは異なる点が多い。本研究では、京都大学に設置されたIDSのログデータを用い、両データの違いを明確化すると共に学習に基づく可視化手法を提案する。 
(英) In this paper, we clarify the differences between both datasets by using the log data of an IDS deployed in Kyoto University and propose novel visualizing method based on machine learning. One of the major problems of IDS is a huge amount of false positive rate. As a mater of face, various data mining and visualizing techniques have been proposed to overcome the problem. KDDCup'99, presented in 1999 is used even until now. However, the dataset is not able to handle current intrusions.
キーワード (和) IDS / 可視化 / KDDCup'99 / LBGアルゴリズム / / / /  
(英) IDS / Visualization / KDDCup'99 / LBG algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 106, no. 465, IA2006-36, pp. 31-36, 2007年1月.
資料番号 IA2006-36 
発行日 2007-01-11 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2006-36

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2007-01-18 - 2007-01-19 
開催地(和) 広島国際会議場 
開催地(英) International Conference Center Hiroshima 
テーマ(和) インターネット応用および一般(IPSJ QAI/SAINT2007/JGN ?シンポジウム2007共催) 
テーマ(英) Internet and Application, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2007-01-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 機械学習によるネットワークIDSログデータの解析および可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis and Visualization of Network IDS Data Using Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IDS / IDS  
キーワード(2)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(3)(和/英) KDDCup'99 / KDDCup'99  
キーワード(4)(和/英) LBGアルゴリズム / LBG algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大庭 隼人 / Hayato Ohba / オオバ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宋 中錫 / JungSuk Song /
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高倉 弘喜 / Hiroki Takakura / タカクラ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 寿男 / Yasuo Okabe / オカベ ヤスオ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2007-01-19 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2006-36 
巻番号(vol) IEICE-106 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2007-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会