お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
音源定位学習における頭部運動とフィードバックの効果
本多明生いわき明星大)・柴田 寛日高聡太行場次朗岩谷幸雄鈴木陽一東北大HIP2007-138
抄録 (和) 本研究は,正確な音源定位行動の学習において,聴取者の頭部運動ならびに音源定位行動へのフィードバックがどのような効果をもつのかについて検証した.研究1においては,頭部運動固定状況下におけるフィードバックの効果が検証された.研究2においては,頭部運動自由状況下におけるフィードバックの効果が検証された.その結果,(1)正確な音源定位行動の学習には能動的な頭部運動の学習が寄与していること,(2)フィードバックは聴取者の初期の音源定位行動学習を促進すること,(3)仰角方向の誤定位率を低下させることが示唆された. 
(英) We investigated the effects of listener’s head movement and kinetic feedback on the accuracy of sound localization. The effects were examined under the conditions that their head movement was restricted (study 1) or unrestricted (study 2) on the sound localization training. In both experiments, participants divided into two groups: training group performed the sound localization training with the kinetic feedback, while control group conducted the training with no-feedback. The results indicated that: (1) sound localization learning under active head movements increased the accuracy of sound localization; (2) kinetic feedback facilitated the sound localization during the initial learning phase; and (3) training with kinetic feedback dominantly decreased the rate of vertical localization errors in sound localization performance.
キーワード (和) 音源定位 / 頭部運動 / フィードバック / / / / /  
(英) sound localization / head movement / kinetic feedback / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 369, HIP2007-138, pp. 49-54, 2007年12月.
資料番号 HIP2007-138 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2007-138

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2007-12-06 - 2007-12-07 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC 
テーマ(和) 感性情報処理の基礎と応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2007-12-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音源定位学習における頭部運動とフィードバックの効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The effects of head movement and kinetic feedback on sound localization learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音源定位 / sound localization  
キーワード(2)(和/英) 頭部運動 / head movement  
キーワード(3)(和/英) フィードバック / kinetic feedback  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本多 明生 / Akio Honda / ホンダ アキオ
第1著者 所属(和/英) いわき明星大学 (略称: いわき明星大)
Iwaki Meisei University (略称: Iwaki Meisei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 寛 / Hiroshi Shibata / シバタ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 日高 聡太 / Souta Hidaka / ヒダカ ソウタ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 行場 次朗 / Jiro Gyoba / ギョウバ ジロウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩谷 幸雄 / Yukio Iwaya / イワヤ ユキオ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yo-iti Suzuki / スズキ ヨウイチ
第6著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2007-138 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会