お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
ドライバ特性と運転支援による改善効果について ~ 運転行動改善を促すドライバエージェント研究 ~
藤掛和広田中貴紘吉原佑器稲上 誠米川 隆青木宏文金森 等名大
抄録 (和) 本研究では,運転行動と運転行動に対する自己評価による特性の分類を行い,それぞれの特性とエージェントの利用に伴う運転行動改善の影響を検討した.その結果,エージェントの利用に伴い,「自分の運転は不安全という認識を持っていない高齢者(自己認知不一致タイプ)」に対して,運転行動改善の効果が見られた.また,「自分の運転は不安全という認識を持っていても,安全な運転行動ができない高齢者(自己認知一致タイプ)」に対しても,運転行動改善の効果が見られた.このことから,ドライバエージェントの利用に伴う運転行動改善は,ドライバ特性のタイプに限定することなく効果が見られるといえる.今後,エージェントによる運転行動改善効果がどのようなドライバ特性に効果があるのか,または無いかの詳細な検討を続ける予定である. 
(英) In this study, we classify the characteristics by self-evaluation on driving behavior and driving behavior, and examined the influence of each characteristic and driving behavior improvement due to use of agent. As a result, with the use of the agent, the effect of driving behavior improvement was seen for "elderly people (self-recognition not inconsistent type)" which their own driving has no sense of unsafe. Moreover, the effect of driving behavior improvement was seen also for "elderly people (self-cognitive agreement type)" who can not safely drive even if they have the recognition that their driving is insecure. From this, it can be said that the improvement in driving behavior accompanying the use of the driver agent is effective without limiting to the type of the driver characteristic. In the future, we will continue to examine in detail what kind of driver characteristics the effect of improving driving behavior by the agent is or will not exist.
キーワード (和) 高齢者 / 運転支援 / ドライバエージェント / / / Elderly people / Driving support / Driver agent  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-14 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 
開催地(英) Sinfonia Technology Hibiki Hall Ise 
テーマ(和) HCGシンポジウム2018 
テーマ(英) Human Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2018-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドライバ特性と運転支援による改善効果について 
サブタイトル(和) 運転行動改善を促すドライバエージェント研究 
タイトル(英) Driver Characteristics and Improvement Effect by Driving Support 
サブタイトル(英) Driver Agent for Encouraging Safe Driving Behavior 
キーワード(1)(和/英) 高齢者 /  
キーワード(2)(和/英) 運転支援 /  
キーワード(3)(和/英) ドライバエージェント /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) Elderly people /  
キーワード(7)(和/英) Driving support /  
キーワード(8)(和/英) Driver agent /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤掛 和広 / Kazuhiro Fujikake / フジカケ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 貴紘 / Takahiro Tanaka / タナカ タカヒロ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉原 佑器 / Yuki Yoshihara / ヨシハラ ユキ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲上 誠 / Makoto Inagami / イナガミ マコト
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 米川 隆 / Takashi Yonekawa / ヨネカワ タカシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 宏文 / Hirofumi Aoki / アオキ ヒロフミ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 金森 等 / Hitoshi Kanamori / カナモリ ヒトシ
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会