電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
高齢者支援に向けた実験オペレータと同時複数人の半自動対話システムの実現
榮井優介石黒祥生名大)・玉森 聡愛知工大)・廣井 慧河口信夫武田一哉名大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 我々は日常生活行動認識技術を用いた,働きかけによる高齢者の外出促進の実現を目指して実証実験を行っている.本稿では,その中で高齢者の支援を行うシステムを実現するために必要な機能をまとめ,個人適応型行動認識モデルの学習に必要なラベルデータや感想などの収集及び,情報提示,オペレータの自動対話への介入による働きかけが可能なテキストベースのチャットシステムを設計,実装した.そして本システムを実証実験で用いた結果,実際に同時複数人に対してオペレーションが可能であるなどの有用性や,改善すべき点を明らかにした. 
(英) We are conducting an empirical study for encouraging elderly people to be more active by interacting with them based on their estimated activity information in daily life. In this paper, we describe the functions required for the system of supporting elderly people, and designed the chat application that acquires labeled data for training activity recognition model and that an operator can intervene the dialogue between the system and the users. We tested the system in an actual experiment, and revealed that our system is effective in supporting the operation of the experiment, and clarified the points of improvement.
キーワード (和) 対話介入 / テキストチャット / 雑談対話 / 外出促進 / 高齢者支援 / / /  
(英) Dialogue Intervention / Text-based Chat / Light Conversation / Goint Out Promoting / Elderly Support / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-14 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 
開催地(英) Sinfonia Technology Hibiki Hall Ise 
テーマ(和) HCGシンポジウム2018 
テーマ(英) Human Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2018-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高齢者支援に向けた実験オペレータと同時複数人の半自動対話システムの実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Semi-Automatic Dialogue System between an Operator and Multiple Users of an Empirical Study for Supporting Elderly People 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話介入 / Dialogue Intervention  
キーワード(2)(和/英) テキストチャット / Text-based Chat  
キーワード(3)(和/英) 雑談対話 / Light Conversation  
キーワード(4)(和/英) 外出促進 / Goint Out Promoting  
キーワード(5)(和/英) 高齢者支援 / Elderly Support  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榮井 優介 / Yusuke Sakai / サカイ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石黒 祥生 / Yoshio Ishiguro / イシグロ ヨシオ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 玉森 聡 / Akira Tamaori / タマモリ アキラ
第3著者 所属(和/英) 愛知工業大学 (略称: 愛知工大)
Aichi Institute of Technology (略称: Aichi Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣井 慧 / Kei Hiroi / ヒロイ ケイ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 河口 信夫 / Nobuo Kawaguchi / カワグチ ノブオ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 一哉 / Kazuya Takeda / タケダ カズヤ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会