お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
個人視点映像内の手領域出現に基づくグループ協同作業特徴量の提案
近藤一晃京大)・島田敬士九大)・出口大輔名大
抄録 (和) グループワークでは主体性や協同といったタスクに対する姿勢・グループ内における参加者の関わり方が重要で
あり,それらを客観的・定量的に分析することができれば様々な用途に用いることができる.本研究では参加者
視点の映像に出現する手の量に基づいたグループワーク特徴量およびその自動抽出手法を提案する.手の検出
には深層学習ベースの識別器を用い,手の出現位置・大きさに加えて腕の伸びる方向を併用しすることで自己手/他者手の識別を行う.
推定結果から手の出現面積に基づいた特徴量を導出したところ,グループワークにおける作業の進め方・協同ス
タイル・役割分担・グループに対する貢献などとうまく対応付けられることが確認された. 
(英) In groupwork studies, not only final work products, also how proactively group members contribute to the work and how collaborate each other have significance.
The way of analyzing those aspects objectively and quantitatively will be a good tool for learning analytics and student support based on that.
With this motivation, the present study proposes groupwork features using hand emergence in ego-centric views of group members, and an automatic method to extract them.
Arm information including direction and location is used to recognize owners of hands detected by a deep learning-based detector.
We confirmed that even the simple groupwork features using hand region area can give us meaningful indications about groupwork situation, collaboration patterns, role allotment, and individual contribution.
キーワード (和) グループワーク / 個人視点映像 / 手領域 / 協同分析 / / / /  
(英) Groupwork study / Ego-centeric vision / Hand region / Collaboration analysis / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-14 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 
開催地(英) Sinfonia Technology Hibiki Hall Ise 
テーマ(和) HCGシンポジウム2018 
テーマ(英) Human Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2018-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 個人視点映像内の手領域出現に基づくグループ協同作業特徴量の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Hand Emergence Features in Ego-centric View for Analyzing Cooperative Group Work 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グループワーク / Groupwork study  
キーワード(2)(和/英) 個人視点映像 / Ego-centeric vision  
キーワード(3)(和/英) 手領域 / Hand region  
キーワード(4)(和/英) 協同分析 / Collaboration analysis  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 一晃 / Kazuaki Kondo / コンドウ カズアキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 敬士 / Atsushi Shimada / シマダ アツシ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 出口 大輔 / Daisuke Deguchi / デグチ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会