電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
複数人対話での話者交替に関する頭部動作の分析 ~ 次話者と発話開始タイミングの予測モデルの構築に向けて ~
石井 亮大塚和弘熊野史朗大和淳司NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 複数人対話において,参加者の頭部動作と話者交替および次話者との関連性を分析し,頭部動作を用いて次に誰が次話者になるかを予測するモデルの構築に取り組む.まず,4者の対話データの収録を行い,発話情報の収集および,頭部センサを用いた頭部位置,回転角度の情報の収集を行う.現話者の頭部動作と話者交替の関連性を分析した結果,話者継続と話者交替時で,現話者の頭部位置・回転の変化量,振幅,周波数が異なることが示された.また,非話者の頭部動作と次話者の関連性を分析した結果,話者継続時の非話者,話者交替時の非話者と次話者の3者間で,頭部位置・回転の変化量,振幅,周波数が異なることが示された.分析によって差が見られた現話者,非話者の頭部位置・回転の情報を用いて,(1)話者継続と話者交替のどちらが起こるか,さらに(2)話者交替時に非話者の中で誰が次話者になるかを予測する予測モデルを構築した.モデルを評価した結果,現話者の頭部情報の変化量,振幅,周波数が話者交替/継続の予測に有効であり,非話者の頭部位置の変化量,周波数が次話者の予測に有用であることが示唆された. 
(英) A model for predicting the next speaker by focusing on the participants' head movements measured by using a 6 Degree-Of-Freedom head tracker in multi-party meetings is proposed in this paper. Our analysis results of the head movements collected from multi-party meetings revealed differences in the amounts of movement and amplitude of the head position movement and rotation of the speaker near the end of an utterance in turn-keeping and turn-changing. The results also revealed the differences in the amounts of movement, amplitude, and head position movement frequency and rotation between the listeners in turn-keeping, turn-changing, and the next speaker in turn-changing. We then built a next speaker prediction model that features two processing steps to predict whether turn-changing or turn-keeping will occur and who the next speaker will be in turn-changing. The evaluation results for the models suggest that the speaker's and listeners' head movements contribute to predicting the next speaker.
キーワード (和) 頭部動作 / 複数人対話 / 次話者予測 / 話者交替 / / / /  
(英) Head movement / next-speaker prediction / turn-taking / multi-party meetings / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2014-12-17 - 2014-12-19 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) Kaikyo Messe Shimonoseki 
テーマ(和) HCGシンポジウム2014 ~ ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2014-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数人対話での話者交替に関する頭部動作の分析 
サブタイトル(和) 次話者と発話開始タイミングの予測モデルの構築に向けて 
タイトル(英) Analysis of head movement relating to turn-taking in multi-party 
サブタイトル(英) toward prediction of next speaker 
キーワード(1)(和/英) 頭部動作 / Head movement  
キーワード(2)(和/英) 複数人対話 / next-speaker prediction  
キーワード(3)(和/英) 次話者予測 / turn-taking  
キーワード(4)(和/英) 話者交替 / multi-party meetings  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 亮 / Ryo Ishii / イシイ リョウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 和弘 / Kazuhiro Otsuka / オオツカ カズヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊野 史朗 / Shiro Kumano / クマノ シロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和 淳司 / Junji Yamato / ヤマト ジュンジ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会