お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
Okumura-Hata Model Optimization for DVB-T2 Propagation in Urban Area of Surattani, Southern Thailand
Pitak KeawbunsongSathaporn PromwongKMITL)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) This paper presents the new optimized Okamura-Hata path loss model in order to predict the DVB-T2 propagation in an urban area of Suratthani, southern Thailand through the measurement of the broadcasting signal power level in two channels: CH40, the frequency of 626MHz; CH44, the frequency of 658 MHz and the distance between the transmitted station of 2-7 kilometers. The optimization of the path loss model is conducted through a least square method where offset and slop of each signal frequency are obtained to optimize the model. A statistic value of root mean square error (RMSE) is used as an indicator of the model competency. A RMSE analytical result of the new Okumura-Hata model shows the RMSE value lower than the original predicted model which means that the new model is more accurate than the old one. It is also closer to the measured data, making it suitable for use in planning the network design. 
(英) This paper presents the new optimized Okamura-Hata path loss model in order to predict the DVB-T2 propagation in an urban area of Suratthani, southern Thailand through the measurement of the broadcasting signal power level in two channels: CH40, the frequency of 626MHz; CH44, the frequency of 658 MHz and the distance between the transmitted station of 2-7 kilometers. The optimization of the path loss model is conducted through a least square method where offset and slop of each signal frequency are obtained to optimize the model. A statistic value of root mean square error (RMSE) is used as an indicator of the model competency. A RMSE analytical result of the new Okumura-Hata model shows the RMSE value lower than the original predicted model which means that the new model is more accurate than the old one. It is also closer to the measured data, making it suitable for use in planning the network design.
キーワード (和) DVB-T2 Propagation / Path Loss Model / Optimization / / / / /  
(英) DVB-T2 Propagation / Path Loss Model / Optimization / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MW  
開催期間 2015-08-06 - 2015-08-08 
開催地(和) チュラロンコン大学(タイ・バンコク) 
開催地(英) Chulalongkorn Univ., Bangkok, Thailand 
テーマ(和) 2015 Thailand-Japan MicroWave (TJMW2015) 
テーマ(英) 2015 Thailand-Japan MicroWave (TJMW2015) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2015-08-MW 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Okumura-Hata Model Optimization for DVB-T2 Propagation in Urban Area of Surattani, Southern Thailand 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DVB-T2 Propagation / DVB-T2 Propagation  
キーワード(2)(和/英) Path Loss Model / Path Loss Model  
キーワード(3)(和/英) Optimization / Optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Pitak Keawbunsong / Pitak Keawbunsong /
第1著者 所属(和/英) King?s Mongkut?s Institute of Technology Ladkrabang (略称: KMITL)
King?s Mongkut?s Institute of Technology Ladkrabang (略称: KMITL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Sathaporn Promwong / Sathaporn Promwong /
第2著者 所属(和/英) King?s Mongkut?s Institute of Technology Ladkrabang (略称: KMITL)
King?s Mongkut?s Institute of Technology Ladkrabang (略称: KMITL)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 MW 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会