電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
沈黙時にロボットが表出する音声/動作フィラーが会話の場に与える効果
君島啓太武川直樹東京電機大)・大和淳司NTT
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 人は会話沈黙時に気まずさを感じ「ウーン」などの音声フィラーや,「口元に触れる」などの動作フィラーを無意識に表出する.これには,会話の継続・修復に向けた協力的な姿勢を共有する効果がある.人とロボットの会話においても,沈黙があると気まずくなると考えられ,ロボットの協力的な姿勢を相手に伝える行動デザインが必要と考える.本研究では,会話沈黙時にロボットにフィラーを表出させ,会話の場に与える効果を分析する.評価の結果,人はロボットとの会話でも気まずさを感じ取ること,ロボットのフィラー表出によって会話沈黙時に誠意や発話意欲の伝達が可能になることを明らかにする.また,評価者の社会スキルを測定し,ロボットの印象形成への影響を調べた結果,スキルの高い人ほど,ロボットを社会的存在として扱っていることが示唆された. 
(英) When a conversation was broke off, humans feel awkward, and unconsciously express verbal fillers such as "ummmm" and bodily fillers such as "touching own chin". These fillers have the effects of letting us share cooperative demeanor towards continuation and repair of the conversation. We postulate that silence makes conversations awkward even in human vs. robot conversations, and consider that conversational robot behaviors are need to be designed to carry cooperative demeanor to human partner. In the present study, we analyze effects of robot's verbal/bodily fillers on silence at turn-takings in conversations. The results show that human feels awkward even in silences with robot-human conversations and that robot's fillers carry sincerity and engagement to conversation, It has found that higher social skilled evaluators tend to treat that conversational robots have social entities than lower skilled group.
キーワード (和) 音声フィラー / 動作フィラー / ロボット / 社会スキル / 沈黙 / / /  
(英) Verbal fillers / Bodily fillers / Robot / Social skill / Silence / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2014-12-17 - 2014-12-19 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) Kaikyo Messe Shimonoseki 
テーマ(和) HCGシンポジウム2014 ~ ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2014-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 沈黙時にロボットが表出する音声/動作フィラーが会話の場に与える効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effects of robot’s verbal/bodily fillers during silence at turn-takings in conversations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 音声フィラー / Verbal fillers  
キーワード(2)(和/英) 動作フィラー / Bodily fillers  
キーワード(3)(和/英) ロボット / Robot  
キーワード(4)(和/英) 社会スキル / Social skill  
キーワード(5)(和/英) 沈黙 / Silence  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 君島 啓太 / Keita Kimijima / キミジマ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武川 直樹 / Naoki Mukawa / ムカワ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和 淳司 / Junji Yamato / ヤマト ジュンジ
第3著者 所属(和/英) NTTコミュニケーション科学研究所 (略称: NTT)
NTT Communication Science Laboratories (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会