お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
HMD搭載慣性センサの利用を想定した屋内位置推定とその評価
鈴木洋平屋良朝克五百蔵重典田中 博神奈川工科大
抄録 (和) 屋内測位技術として,慣性センサを用いる方法は一つの有力な手法である.近年においてはスマートフォンにもそれらは内蔵され,多くの検討がなされている状況にある.また表示装置として実用的なメガネ型のHMDにも慣性センサが内蔵されているものが商品化されつつある.本検討では,HMD装着時の構成での慣性測位手法を提案し,従来の所持方法との測位精度の比較を行った結果について報告する. 
(英) The demand for indoor positioning has been enhanced for indoor navigation, trace of peoples movement and information services based on the areas etc. Many kinds of systems such as using wireless LAN,ultrasonic waves etc,have been investigated for indoor positioning.The method using inertial sensors is one candidate from aspect of cost and penetration,since these sensors are now implemented in the smartphone.This report describes the indoor positioning method using inertial sensors. The main feature of our method is using the walking characteristics in the corridor and taking the building structure into account. Since the location is estimated by the detection results of walking steps and curving at the corner. The calibration scheme is introduced to enhance the detection performance of walking steps, and the IIR filter is used to raise the detection of curve and U-turn walking. It was verified the proposed methods could boost the detection performance by experiments.
キーワード (和) 屋内測位 / 慣性センサ / HMD / スマートフォン / / / /  
(英) Indoor Positioning / Inertial Sensor / Head Mounted Display / Smartphone / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2014-12-17 - 2014-12-19 
開催地(和) 海峡メッセ下関 
開催地(英) Kaikyo Messe Shimonoseki 
テーマ(和) HCGシンポジウム2014 ~ ヒト・モノ・トコロを紡ぐ豊かな情報を発信するICT ~ 
テーマ(英) Human communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2014-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HMD搭載慣性センサの利用を想定した屋内位置推定とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Indoor position estimation and its evaluation by inertial sensor embedded in HMD. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 屋内測位 / Indoor Positioning  
キーワード(2)(和/英) 慣性センサ / Inertial Sensor  
キーワード(3)(和/英) HMD / Head Mounted Display  
キーワード(4)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 洋平 / Yohei Suzuki / スズキ ヨウヘイ
第1著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 屋良 朝克 / Chokatsu Yara / ヤラ チョウカツ
第2著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五百蔵 重典 / Shigenori Ioroi / イオロイ シゲノリ
第3著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 博 / Hiroshi Tanaka / タナカ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 神奈川工科大学 (略称: 神奈川工科大)
Kanagawa Institute of Technology (略称: KAIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会