お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
ディジタル絵解き支援に向けた絵伝中の注目領域推定手法の検討
竹村康弘臼井裕規道満恵介中京大)・井手一郎名大)・目加田慶人中京大)・阿部泰郎名大
抄録 (和) 絵解きとは,伝記を絵と詞書で連続的に表した絵伝の内容を解説することであり,近年,ディジタル端末を用いた「ディジタル絵解き」が行われている.その際,絵伝中の各解説場面について注目領域を人手で設定する必要があり,利用者の負担となる.本発表ではこれを支援するため,解説場面に対応する注目領域の自動推定手法の検討結果を報告する.本手法では,顕著度に基づく人物検出と,人物間の距離に基づくクラスタリングにより注目領域を推定する.実験により,絵伝中の一部の場面における有効性が示唆されたものの,各処理について改良の余地があることを確認した. 
(英) Etoki is an oral narration of a pictorial biography that depicts a person's life with some pictures and words, and is recently performed with a digital device as ``digital Etoki.'' For the digital Etoki, regions of interest (RoIs) should be manually set for each target scene by a narrator, which requires time and effort. In this presentation, we report the results of a study on a method for estimating a RoI for each scene in a pictorial biography in order to support this task. The method estimates a RoI using saliency-based person detection and distance-based clustering. Experiments indicated the effectiveness of the method for specific scenes.
キーワード (和) 絵伝 / ディジタル絵解き支援 / 画像解析 / / / / /  
(英) Pictorial biography / Digital Etoki support / Image analysis / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-14 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 
開催地(英) Sinfonia Technology Hibiki Hall Ise 
テーマ(和) HCGシンポジウム2018 
テーマ(英) Human Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2018-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ディジタル絵解き支援に向けた絵伝中の注目領域推定手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on region-of-interest estimation from a pictorial biography toward digital support of Etoki 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 絵伝 / Pictorial biography  
キーワード(2)(和/英) ディジタル絵解き支援 / Digital Etoki support  
キーワード(3)(和/英) 画像解析 / Image analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹村 康弘 / Yasuhiro Takemura / タケムラ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 臼井 裕規 / Hiroki Usui / ウスイ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 道満 恵介 / Keisuke Doman / ドウマン ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 一郎 / Ichiro Ide / イデ イチロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 目加田 慶人 / Yoshito Mekada / メカダ ヨシト
第5著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿部 泰郎 / Yasuro Abe / アベ ヤスロウ
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会