お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
[ポスター講演]Improvement of Modulation Efficiency of Electro-Optic Modulators with Gap-Embedded Patch Antenna Utilizing Stacked Structure
Hironori AyaOsaka Univ.)・Yusuf Nur WijayantoAtsushi KannoTetsuya KawanishiNICT)・Hiroshi MurataYasuyuki OkamuraOsaka Univ.
抄録 (和) 今回八木アンの原理を応用した新たな構成の微小ギャップを設けたパッチアンテナ電気光学変調器を提案する。従来のデバイスを積層化することによってアンテナゲイン及びギャップ部分に生じる電界が増強され、動作周波数が高周波側へシフトした。パラメータを調整することで動作周波数を60 GHzに調整できる。同じ動作周波数60 GHzにおいて提案するデバイスは従来構成と比較して変調電界が約2倍に増強された。 
(英) In this report, we propose new electro-optic modulators using gap-embedded patch antennas with Yagi-antenna- like stacked structure. By utilizing the stacked structure, antenna gain and electric field Ez for optical modulation at the gap are increased with a shift of its resonance frequency toward the higher region. Tuning parameter of the patch antennas, the conversion efficiency from wireless millimeter-wave to lightwave signal is increased about 2 times compared with the modulator of not stacked structure. The analysis and design of the device are reported.
キーワード (和) 平面パッチアンテナ / EO変調器 / RoF技術 / ニオブ酸リチウム / / / /  
(英) Plannar Patch Antenna / EO Modulation / Radio-Over-Fiver / LiNbO3 / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 PEM  
開催期間 2015-11-27 - 2015-11-28 
開催地(和) Doshisha Univ. 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) First PEM International Workshop in Kyoto 
テーマ(英) First PEM International Workshop in Kyoto 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PEM 
会議コード 2015-11-PEM 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of Modulation Efficiency of Electro-Optic Modulators with Gap-Embedded Patch Antenna Utilizing Stacked Structure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 平面パッチアンテナ / Plannar Patch Antenna  
キーワード(2)(和/英) EO変調器 / EO Modulation  
キーワード(3)(和/英) RoF技術 / Radio-Over-Fiver  
キーワード(4)(和/英) ニオブ酸リチウム / LiNbO3  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 綾 拡範 / Hironori Aya / アヤ ヒロノリ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka Univercity (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Yusuf Nur Wijayanto / Yusuf Nur Wijayanto / Yusuf Nur Wijayanto
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 敦史 / Atsushi Kanno / カンノ アツシ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川西 哲也 / Tetsuya Kawanishi / カワニシ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 博司 / Hiroshi Murata / ムラタ ヒロシ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka Univercity (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 康行 / Yasuyuki Okamura / オカムラ ヤスユキ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka Univercity (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 PEM 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会