電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
デバイス協調システムのための協調制御伝播モデルの提案
福井暉斗新潟大)・高橋秀幸東北大)・山﨑達也新潟大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) これまで,スポーツ観戦でみられるウェーブの様な群衆によるパフォーマンスを,軽度な身体動作のみで実施できるよう支援するデバイス協調システムを提案している.デバイス協調システムは,複数の通信デバイスの制御を伝播モデルに基づき順次伝播させ,パフォーマンスを実施する観客に動作を促すことで,ウェーブのように動作の伝播を支援する.伝播モデルの従来手法では,順次動作を伝播させていく範囲を静的に設定する.そのため,会場全体に動作を伝播させるために,事前に観客の分布に応じて適切に伝播範囲を設定する必要がある.そこで本稿では,観客の分布に応じて動的に伝播範囲を決定する協調制御伝播モデルを提案する. 
(英) We previously proposed a device cooperation system that supports the performance like the Mexican wave with only little motion. The device cooperative system propagates motion among the crowd by propagating control of multiple communication devices based on the wave propagation model. In the conventional propagation model, the wave propagation is statistically determined depending on the distribution of crowd. Therefore, the distribution of crowd must be known in advance. In this paper, we propose a cooperative control propagation model that dynamically determines the propagation range according to the distribution of crowd, so that the distribution of crowd need not to be known in advance.
キーワード (和) 伝播モデル / 分散制御 / クラスタリング / アドホックネットワーク / ビームフォーミング / / /  
(英) Propagation Model / Decentralized Control / Clustering / Ad hoc Network / Beam Forming / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2018-12-12 - 2018-12-14 
開催地(和) シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 
開催地(英) Sinfonia Technology Hibiki Hall Ise 
テーマ(和) HCGシンポジウム2018 
テーマ(英) Human Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2018-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デバイス協調システムのための協調制御伝播モデルの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Propagation Model of Cooperative Control for Device Cooperation System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 伝播モデル / Propagation Model  
キーワード(2)(和/英) 分散制御 / Decentralized Control  
キーワード(3)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(4)(和/英) アドホックネットワーク / Ad hoc Network  
キーワード(5)(和/英) ビームフォーミング / Beam Forming  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 暉斗 / Akito Fukui / フクイ アキト
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 秀幸 / Hideyuki Takahashi / タカハシ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 達也 / Tatsuya Yamazaki / ヤマザキ タツヤ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会