電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名
利用者とディスプレイの位置関係を考慮したパースペクティブ表示の評価
山口徳郎阪大)・ミゲル ナセンタUniv. of Saskatchewan)・櫻井智史伊藤雄一北村喜文阪大)・スリラム サブラマニアンPhilips Research)・カール ガトウィンUniv. of Saskatchewan)・岸野文郎阪大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) オフィスや会議室などの壁面や机上に置かれた複数のディスプレイを同時に用いて作業をしたり,複数の人で議論や協調作業をしたりする機会が増えている.このような環境においては,すべてのディスプレイが常に利用者に対して正対しているとは限らず,利用者の立ち位置やディスプレイの位置や角度などによって情報が歪んで見えてしまう.そのため,表示されているウィンドウやカーソルの操作がしにくくなったり,文章や絵などの理解が困難になったりする可能性がある.そこで本稿では,利用者とディスプレイの位置関係を考慮し,提示する情報を利用者に対して常に正対して(パースペクティブに)表示する方法と,従来の画面にフラットな表示手法とを比較する実験を行った結果について報告する.5種類の基礎的なタスクによる評価実験の結果,パースペクティブ表示で高い視認性を示した. 
(英) We often work in an office or a meeting room with multiple displays simultaneously or collaborate with several persons. In these environments, however, displays are not always located facing to the user; as a result, a user often find difficulties in correctly understanding spatial relationships of objects on the display, reading texts, manipulating objects, and so on. In this paper, we carried out an experiment to compare perspective correction regarding locations of a user and displays and traditional flat display method in five basic interaction tasks. The results show that the perspective correction significant and substantial performance in all the tasks.
キーワード (和) 3次元インタフェース / 協調作業 / 複数ディスプレイ環境 / 可視性 / 可読性 / パターンマッチング / /  
(英) 3D interface / Collaborative work / Multi-display environments / visibility / readability / pattern matching / /  
文献情報 信学技報, vol. 107, no. 369, HIP2007-146, pp. 97-102, 2007年12月.
資料番号 HIP2007-146 
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2007-12-06 - 2007-12-07 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所 
開催地(英) RIEC 
テーマ(和) 感性情報処理の基礎と応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2007-12-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 利用者とディスプレイの位置関係を考慮したパースペクティブ表示の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Evaluation of Perspective Correction regarding Locations of a User and Displays 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元インタフェース / 3D interface  
キーワード(2)(和/英) 協調作業 / Collaborative work  
キーワード(3)(和/英) 複数ディスプレイ環境 / Multi-display environments  
キーワード(4)(和/英) 可視性 / visibility  
キーワード(5)(和/英) 可読性 / readability  
キーワード(6)(和/英) パターンマッチング / pattern matching  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 徳郎 / Tokuo Yamaguchi / ヤマグチ トクオ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ミゲル ナセンタ / Miguel A. Nacenta / ミゲル ナセンタ
第2著者 所属(和/英) サスカチュワン大学 (略称: Univ. of Saskatchewan)
University of Saskatchewan (略称: Univ. of Saskatchewan)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫻井 智史 / Satoshi Sakurai / サクライ サトシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雄一 / Yuichi Itoh / イトウ ユウイチ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 喜文 / Yoshifumi Kitamura / キタムラ ヨシフミ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) スリラム サブラマニアン / Sriram Subramanian / スリラム サブラマニアン
第6著者 所属(和/英) フィリップスリサーチ (略称: Philips Research)
Philips Research (略称: Philips Research)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) カール ガトウィン / Carl Gutwin / カール ガトウィン
第7著者 所属(和/英) サスカチュワン大学 (略称: Univ. of Saskatchewan)
University of Saskatchewan (略称: Univ. of Saskatchewan)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸野 文郎 / Fumio Kishino / キシノ フミオ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時  
発表時間  
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2007-146 
巻番号(vol) IEICE-107 
号番号(no) no.369 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会