お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 10:40
LoRaネットワークにおけるACKを介した送信遅延制御による動的送信スケジューリング手法
坂東 力中尾彰宏東大NS2021-150
抄録 (和) LPWA の 1 つである LoRa では MAC プロトコルに ALOHA を用いており, センサー数の増加によって通 信タイミングが重なり, パケット衝突が増加するという課題がある. 筆者らはこれまでに ACK 応答を介した送信遅延 制御によって各センサーの送信タイミングをずらし, 動的にトラフィックを平滑化する手法を提案しているが, シミュ レーションによる評価のみに留まっている. 本稿では実機を用いた評価を行い, 提案手法の有効性を評価する. 評価実 験より提案手法を用いることで, 各センサーが同時に起動する場合は最大 92 % 程度, ランダムに起動する場合は最大 35 % 程度パケット到達率を改善し, 帯域に収容するデバイス数を増加させることが可能である. 
(英) LoRa, one type of LPWA, uses ALOHA for the MAC layer protocol, which causes an increase in packet collisions due to overlapping of intermittent communication as the number of sensors increases. We have proposed a method of dynamically smoothing the traffic to shift transmission timing of each sensor by controlling the transmission delay via ACK responses, but this method has been evaluated only by simulation. In this paper, we evaluate the effectiveness of the proposed method with actual devices. The evaluation experiments show that the proposed method can improve the packet delivery rate by up to 92 % when each sensor is activated simultaneously, and by up to 35 % when each sensor is activated randomly, and can increase the number of devices in the bandwidth.
キーワード (和) IoT / LPWA / LoRa / 周期トラフィック / ALOHA / 送信遅延制御 / /  
(英) IoT / LPWA / LoRa / Periodic Traffic / ALOHA / Transmission Delay Manipulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 433, NS2021-150, pp. 164-170, 2022年3月.
資料番号 NS2021-150 
発行日 2022-03-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-150

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2022-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LoRaネットワークにおけるACKを介した送信遅延制御による動的送信スケジューリング手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Dynamic Scheduling Method Using Transmission Delay Manipulation via ACK for LoRa Wireless Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) LPWA / LPWA  
キーワード(3)(和/英) LoRa / LoRa  
キーワード(4)(和/英) 周期トラフィック / Periodic Traffic  
キーワード(5)(和/英) ALOHA / ALOHA  
キーワード(6)(和/英) 送信遅延制御 / Transmission Delay Manipulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂東 力 / Riki Bando / バンドウ リキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-11 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2021-150 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.164-170 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-NS-2022-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会