お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 14:00
地上局間で完結する衛星ネットワークスライシングのためのミドルボックス
岩井貴充福元徳広中尾彰宏東大NS2021-156
抄録 (和) 高スループット衛星通信や低軌道衛星コンステレーションといった新しい衛星通信と5Gのネットワークスライシングを組み合わせることによって,遠隔地も含めたスライシングの実現が期待されている.衛星リンク上でのネットワークスライシングを実現するためには衛星を通過するトラフィックの制御が不可欠だが,個々の衛星を管理して行うトラフィック制御はデプロイやスケーラビリティの面で困難が生じる.本研究では基地局間で完結する制御を用いた,ネットワークスライシングのための遅延・帯域制御,StarBundlerを実現する.基地局間でRTTや送信レートをやりとりするアーキテクチャの上に,遅延を一定にする輻輳制御を用いることによって,遅延と帯域の両面から制御を可能にする.衛星リンクを模したネットワーク環境での評価の結果,複数の基地局が存在するケースでも遅延性を保った制御が実現できていることを示す.特に,StarBundlerがない場合と比較してRTTの95%値を78%削減することを示す. 
(英) Combining 5G network slicing and novel satellite communications such as high-throughput satellite links and low earth orbit constellations is expected to realize extensive network slicing, including in rural areas. To realize network slicing over satellite links, we need to control the network traffic through each satellite. However, existing traffic controls to govern all of the satellites have difficulties in deployment and scalability. In this paper, we propose the delay and bandwidth control for satellite network slicing completed between ground stations. We can control both delay and bandwidth by using congestion control to keep the RTT constant with a system that exchanges RTT and transmission rate between middleboxes. Evaluation on a simulated satellite link shows that we can preserve delay and bandwidth between multiple middleboxes with variable link capacity and propagation delay. In particular, we show StarBundler can reduce the 95th percentile of RTT by 78% compared to the case without it.
キーワード (和) トラフィック制御 / 衛星通信 / / / / / /  
(英) Traffic Control / Satellite Communications / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 433, NS2021-156, pp. 199-206, 2022年3月.
資料番号 NS2021-156 
発行日 2022-03-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-156

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2022-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上局間で完結する衛星ネットワークスライシングのためのミドルボックス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Middlebox for Satellite Network Slicing Completed by Ground Stations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) トラフィック制御 / Traffic Control  
キーワード(2)(和/英) 衛星通信 / Satellite Communications  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 貴充 / Takamitsu Iwai / イワイ タカミツ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto / ナカオ アキヒロ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-11 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2021-156 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.199-206 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-NS-2022-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会