お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 14:20
衛星バックホールを活用したローカル5Gシステムの検討
福元徳広杜 平岩井貴充中尾彰宏東大NS2021-157
抄録 (和) 第5世代移動通信システム (5G) は情報通信を支える基幹インフラであり,全国への速やかな展開が見込まれている.5Gの一形態であるローカル5Gの導入検討も進んでおり,特定の地域や産業の課題解決への貢献が期待されている.ローカル5Gの導入にはそれを支える固定回線等のインフラが必要となるが,衛星リンクをバックホールとして活用する方法も検討されており,地上系の通信が脆弱な地域へのローカル5Gの速やかな展開や,災害等により地上系ネットワークの通信が失われた場合のバックアップとしての利用に期待がかかる.本稿では,衛星リンクをバックホールとして利用したローカル5Gシステムの実現に向け,衛星リンクの制約が通信品質に与える影響やローカル5Gにおけるネットワークスライシングに関する検討結果を示す.また,それらの検討を踏まえて実施した衛星バックホールを使用したローカル5G接続試験の結果を示す. 
(英) The fifth generation mobile communications (5G), a critical Information and Communication Technology (ICT) infrastructure, is predicted to cover the whole country rapidly. 5G technologies-based private 5G (local 5G) is also considered and expected to solve problems in the industries. Private 5G usually requires optical fiber backhaul connections, but satellite links can be an alternative backhaul link for the area of deficient in terrestrial networks and also a backup link in the case of the disasters. This study discusses the effect of the characteristics of the satellite links and the network slicing on private 5G systems. We also show the result of the connection test of a private 5G system using satellite backhaul.
キーワード (和) 5G / ローカル5G / 衛星 / / / / /  
(英) 5G / Private 5G / Satellite / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 433, NS2021-157, pp. 207-211, 2022年3月.
資料番号 NS2021-157 
発行日 2022-03-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-157

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2022-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星バックホールを活用したローカル5Gシステムの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Local 5G System using Satellite Backhaul 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) ローカル5G / Private 5G  
キーワード(3)(和/英) 衛星 / Satellite  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福元 徳広 / Norihiro Fukumoto / フクモト ノリヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杜 平 / Ping Du / デュ ピン
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 貴充 / Takamitsu Iwai / イワイ タカミツ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中尾 彰宏 / Akihiro Nakao / ナカオ アキヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-11 14:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2021-157 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.207-211 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2022-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会