お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-11 15:10
任意数の階層構造をもつSkip Graphのホップ数削減のための構造最適化
藤田悠生藤本章宏和歌山大)・戸出英樹阪府大NS2021-159
抄録 (和) IoTデバイスの増加に伴い,デバイス同士が自律分散的にネットワークを構築・維持するP2P型IoTプラットフォームが注目されつつある.とりわけ,ネットワーク再構築のコストが小さく,範囲検索が可能なSkipGraphは当該プラットフォームに適している.Skip Graphは多層リスト構造をもち,基本的にはリスト数を大きくすればホップ数は減少する傾向にあるが,リンク構造維持のためのメンテナンスコストが高くなる.本稿では,検索速度とメンテナンスコストのそれぞれを考慮してリスト数が決定されることを想定し,任意のリスト数をもつ場合にクエリの平均ホップ数をより削減できるSkip Graphの構築手法を提案する. 
(英) With the increase of IoT devices, P2P-based IoT platforms have been attracting attention because of their capabilities of building and maintaining their networks autonomously in a decentralized manner. In particular, Skip Graph, which has a low network rebuilding cost and allows range search, is suitable for the platform. Skip Graph has a multi-layered list structure. Basically, as the number of lists increases, the number of hops tends to decrease. On the other hand, such a large number of lists make the cost of maintaining the link structure high. Assuming that the number of lists is determined by considering both maintenance cost and search speed, this paper studies a method for constructing Skip Graphs with an arbitrary number of lists, which can reduce the average number of hops a query passes.
キーワード (和) Skip Graph / P2P / 構造化オーバーレイ / IoT / / / /  
(英) Skip Graph / P2P / Structured overlays / IoT / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 433, NS2021-159, pp. 218-223, 2022年3月.
資料番号 NS2021-159 
発行日 2022-03-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2021-159

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2022-03-10 - 2022-03-11 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2022-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 任意数の階層構造をもつSkip Graphのホップ数削減のための構造最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Hop Count Reduction of Skip Graph with Arbitrary Number of Layers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Skip Graph / Skip Graph  
キーワード(2)(和/英) P2P / P2P  
キーワード(3)(和/英) 構造化オーバーレイ / Structured overlays  
キーワード(4)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 悠生 / Yuuki Fujita / フジタ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤本 章宏 / Akihiro Fujimoto /
第2著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸出 英樹 / Hideki Tode /
第3著者 所属(和/英) 大阪府立大学 (略称: 阪府大)
Osaka Prefecture University (略称: Osaka Pref Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-11 15:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2021-159 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.433 
ページ範囲 pp.218-223 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2022-03-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会