お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-09 13:50
準天頂衛星のセンチメータ級補強サービスを用いた歩行者移動経路の高精度測位に関する実証実験
牧野秀夫前田義信高橋 昌阿達 透新潟大)・小林 真若月大輔筑波技大)・井筒 潤杉田 暁福井弘道中部大WIT2021-55
抄録 (和) 視覚障碍者に対する屋外歩行時の測位や大規模災害発生時における救急隊員などへの位置情報提供を目的に,準天頂衛星のセンチメータ級補強サービスを利用した高精度測位の実験を行う.具体的には,2種類の方式を使用し,方式1では準天頂衛星からのセンチメータ級の測位用補強情報を単一のアンテナ及び受信機(GNSS受信機:Septentrio:Mosaic-CLAS)で計測する.次に方式2では,モバイル回線経由で補強信号を取り込む方式(CLARCS)を2アンテナ方式の受信機(GNSS受信機:Septentrio:Dual Antenna AsteRx-m3)と組み合わせた.屋外における歩行実験では,被験者の肩にGNSSアンテナを取り付け,方式1については新潟大学構内において実験を行った.また方式2については都心ビル街(東京銀座付近)において屋外歩行実験を行った.その結果,空の開けている新潟大学構内におけるデシメータレベルの測位を確認した.また電波受信環境が悪化する都心ビル街では最大で数mの誤差となったが,交差点においては測位状況が改善されることを確認した.最後に,音声ナビへの利用方法について検討した. 
(英) We conducted high-precision positioning experiments using the Quasi-Zenith Satellite System (QZSS) and centimeter-level augmentation service (CLAS) framework to realize positioning for visually impaired people walking outdoors and provide the position information to emergency personnel in the event of a large-scale disaster.
Two methods were used. In method 1, centimeter-level positioning augmentation information from the QZSS was recorded using a receiver (Mosaic-CLAS) with a single antenna. Method 2 implemented the CLAS-based real-time kinematic correction system (CLARCS) through a mobile communication line and a receiver (AsteRx-m3) with dual-antenna. Outdoor walking experiments involving method 1 were performed in the Niigata University campus. The antennas were attached near the shoulder of the participant. Experiments involving method 2 were conducted in a downtown area (Ginza, Tokyo) surrounded by buildings. Results demonstrated that decimeter-level positioning could be realized in the open sky area in Niigata University. In the urban area, an error of several meters occurred owing to the influence of the multipath and other factors. However, the positioning accuracy was satisfactory at the intersection. Furthermore, we examined the application of the system for speech navigation.
キーワード (和) 準天頂衛星 / CLARCS / CLAS / 視覚障碍者 / / / /  
(英) QZSS / CLARCS / CLAS / Visually impaired / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 418, WIT2021-55, pp. 71-76, 2022年3月.
資料番号 WIT2021-55 
発行日 2022-03-01 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2021-55

研究会情報
研究会 WIT IPSJ-AAC  
開催期間 2022-03-08 - 2022-03-09 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 聴覚・視覚障害者支援、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2022-03-WIT-AAC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 準天頂衛星のセンチメータ級補強サービスを用いた歩行者移動経路の高精度測位に関する実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Feasibility Study of Precise Positioning for Pedestrian Trajectories Using QZSS CLAS 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 準天頂衛星 / QZSS  
キーワード(2)(和/英) CLARCS / CLARCS  
キーワード(3)(和/英) CLAS / CLAS  
キーワード(4)(和/英) 視覚障碍者 / Visually impaired  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 秀夫 / Hideo Makino / マキノ ヒデオ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 昌 / Masashi Takahashi / タカハシ マサシ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿達 透 / Toru Adachi / アダチ トオル
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 真 / Makoto Kobayashi / コバヤシ マコト
第5著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 若月 大輔 / Daisuke Wakatsuki / ワカツキ ダイスケ
第6著者 所属(和/英) 筑波技術大学 (略称: 筑波技大)
Tsukuba University of Technology (略称: Tsukuba Univ. Tech.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 井筒 潤 / Jun Izutsu / イヅツ ジュン
第7著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉田 暁 / Satoru Sugita / スギタ サトル
第8著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 弘道 / Hiromichi Fukui / フクイ ヒロミチ
第9著者 所属(和/英) 中部大学 (略称: 中部大)
Chubu University (略称: Chubu Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-09 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2021-55 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2022-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会