お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-08 10:40
Return-Oriented Programmingを用いる自己破壊的耐タンパーソフトウェアの検討(その2)
大石和臣静岡理工科大ICSS2021-69
抄録 (和) 自己破壊的耐タンパーソフトウェアは,その実装に対して不正に改変が行われると本来とは異なる動作をして解析・攻撃からプログラムを保護する耐タンパー化技術である.自己書換えコードを使わずに間接ジャンプやReturn-Oriented Programming (ROP)等を用いて自己破壊的耐タンパーソフトウェアを構成する方法の実装について研究が進められている.一方,Intel社の第11世代マイクロアーキテクチャTiger LakeはIntel CET (Control-flow Enforcement Technology) をサポートした.これは,間接ジャンプやROPに基づく攻撃をCPUレベルで防御する仕組みである.本稿では,Intel CETのようなROP防御策を考慮に入れて,ROPを用いる自己破壊的耐タンパーソフトウェアの実装について検討する. 
(英) Taking into account CPU-level ROP (Return-Oriented Programming) defenses such as Intel CET, we study implementation feasibility of self destructive tamper resistant software utilizing ROP.
キーワード (和) 耐タンパー / 自己破壊 / Return-Oriented Programming (ROP) / ソフトウェア保護 / Intel CET / / /  
(英) Tamper resistance / Self destruction / Return-Oriented Programming (ROP) / Software protection / Intel CET / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 410, ICSS2021-69, pp. 61-65, 2022年3月.
資料番号 ICSS2021-69 
発行日 2022-02-28 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICSS2021-69

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2022-03-07 - 2022-03-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) セキュリティ、トラスト、一般 
テーマ(英) Security, Trust, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2022-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Return-Oriented Programmingを用いる自己破壊的耐タンパーソフトウェアの検討(その2) 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Self Destructive Tamper Resistant Software utilizing Return-Oriented Programming (Part 2) 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 耐タンパー / Tamper resistance  
キーワード(2)(和/英) 自己破壊 / Self destruction  
キーワード(3)(和/英) Return-Oriented Programming (ROP) / Return-Oriented Programming (ROP)  
キーワード(4)(和/英) ソフトウェア保護 / Software protection  
キーワード(5)(和/英) Intel CET / Intel CET  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 和臣 / Kazuomi Oishi / オオイシ カズオミ
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Institute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-08 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2021-69 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.410 
ページ範囲 pp.61-65 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ICSS-2022-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会