お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-01 12:50
マルチバンド波長多重ネットワークにおける波長多重数変化を考慮した誘導ラマン散乱影響の解析
広瀬健太深谷崇文中川雅弘関 剛志宮村 崇NTTPN2021-57
抄録 (和) 波長多重ネットワークをマルチバンド化する上で, 光ファイバ中の誘導ラマン散乱による波長間パワー遷移が信号品質に影響を与え, 波長収容設計を困難にしている. 現状, この信号品質影響の評価方法と波長収容設計の方法は, 波長多重帯域全域に全波長が波長多重された条件下で示されている. 一方, 実際の波長多重ネットワークでは波長多重帯域全域における波長多重数が経時変化し, 伝送の最適条件は時々刻々と変化する. したがって, マルチバンド波長多重ネットワークにおいて常に伝送の最適条件を提供するため, 波長多重数の変化を考慮した信号品質影響の評価方法と波長収容設計の方法が新規に必要である. そこで, 本研究では, まずはこの評価方法を確立するため, 光ファイバ中の波長分布を様々に変化させて誘導ラマン散乱の発生状況を解析した. 
(英) Power transition induced by stimulated Raman scattering (SRS) in optical fibers affects signal quality, and this makes wavelength provisioning difficult on multiband wavelength-division-multiplexed (WDM) networks. Recently, some research has shown methods of evaluating the effect and provisioning on the conditions of fully loaded WDM. However, optimal conditions for the optical transmission on live networks change every moment according to varying number of optical channels. Therefore, the constantly optimal transmission on multiband networks requires novel methods of evaluating the signal-quality impact and provisioning wavelengths considering variations in the number of optical channels. Here, in order to achieve the former method first, we numerically analyzed SRS behavior, changing the distribution of optical channels in the optical fiber.
キーワード (和) 誘導ラマン散乱 / マルチバンド伝送 / 波長分割多重 / 光ネットワーク / / / /  
(英) stimulated Raman scattering / multiband transmission / wavelength division multiplexing / photonic network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 386, PN2021-57, pp. 29-32, 2022年3月.
資料番号 PN2021-57 
発行日 2022-02-22 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2021-57

研究会情報
研究会 PN  
開催期間 2022-03-01 - 2022-03-02 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) フォトニックネットワーク関連技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2022-03-PN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチバンド波長多重ネットワークにおける波長多重数変化を考慮した誘導ラマン散乱影響の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of Stimulated-Raman-Scattering Effect Changed by the Number of Optical Channels on Multiband Wavelength-Division-Multiplexed Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 誘導ラマン散乱 / stimulated Raman scattering  
キーワード(2)(和/英) マルチバンド伝送 / multiband transmission  
キーワード(3)(和/英) 波長分割多重 / wavelength division multiplexing  
キーワード(4)(和/英) 光ネットワーク / photonic network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 健太 / Kenta Hirose / ヒロセ ケンタ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 深谷 崇文 / Takafumi Fukatani / フカタニ タカフミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 剛志 / Takeshi Seki / セキ タケシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮村 崇 / Takashi Miyamura / ミヤムラ タカシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-01 12:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2021-57 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.386 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PN-2022-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会