お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-03-01 09:20
[ポスター講演]能動正弦波騒音制御に適用される諸方法とその得失
藤井健作コダウェイ研)・棟安実治関西大)・苣木禎史千葉工大EA2021-64 SIP2021-91 SP2021-49
抄録 (和) 本稿では,フィードバック型にNormalized Least Mean Square (NLMS)法とSub Recursive Least Square (Sub-RLS)法を,フィードフォワード型にFiltered-x LMSと周波数変換法を適用して得られる低減効果を比較する.その比較に際して,到来正弦波には1秒間に5 Hz,50 Hz,100 Hz,500 Hzの周波数変化を与える.また,実用時において避けられない周囲騒音の影響についても比較する.最後に,周波数変換法に優位性があることを示す. 
(英) In this paper, we compare the noise reduction effects provided by the feedback type applying the normalized least mean square (NLMS) algorithm and sub recursive least square (sub-RLS) algorithm and feedfoward type applying the filtered-x least mean square (LMS) algorithm and the frequency conversion method to active sinusoidal noise control, on condition that the frequency change of 5, 50, 100 and 500 Hz per one second is applied to the target noise consisting of sine waves of 200, 300, 400, 500 and 600 Hz. We moreover compare the degeree reduced by surrounding noise superimposing on the target niose and finally show that the frequency conversion method is superior into the others.
キーワード (和) フィードバック型 / 周波数変換法 / Filtered-x法 / 2次系 / 低域通過フィルタ / / /  
(英) feedback type / frequency conversion method / filtered-x / secondary path / low pass filter / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 383, EA2021-64, pp. 1-8, 2022年3月.
資料番号 EA2021-64 
発行日 2022-02-22 (EA, SIP, SP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2021-64 SIP2021-91 SP2021-49

研究会情報
研究会 EA SIP SP IPSJ-SLP  
開催期間 2022-03-01 - 2022-03-02 
開催地(和) 沖縄県立博物館・美術館 
開催地(英)  
テーマ(和) 応用/電気音響, 信号処理,音声,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2022-03-EA-SIP-SP-SLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 能動正弦波騒音制御に適用される諸方法とその得失 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Methods applied to active sinusoidal noise control and their merits and demerits 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) フィードバック型 / feedback type  
キーワード(2)(和/英) 周波数変換法 / frequency conversion method  
キーワード(3)(和/英) Filtered-x法 / filtered-x  
キーワード(4)(和/英) 2次系 / secondary path  
キーワード(5)(和/英) 低域通過フィルタ / low pass filter  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 健作 / Kensaku Fujii / フジイ ケンサク
第1著者 所属(和/英) コダウェイ研究所 (略称: コダウェイ研)
Kodaway Laboratory (略称: Kodaway Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 棟安 実治 / Mitsuji Muneyasu / ムネヤス ミツジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 苣木 禎史 / Yushifumi Chisaki / チサキ ヨシフミ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-03-01 09:20:00 
発表時間 120 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2021-64,IEICE-SIP2021-91,IEICE-SP2021-49 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.383(EA), no.384(SIP), no.385(SP) 
ページ範囲 pp.1-8 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-EA-2022-02-22,IEICE-SIP-2022-02-22,IEICE-SP-2022-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会