お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-24 16:25
波長掃引型光フェーズドアレイの大規模化
三杉大和早大)・岡山秀彰OKI)・北 智洋早大OCS2021-42 OFT2021-74 OPE2021-54
抄録 (和) 近年,より高度な自動運転の実現に向けたセンシング技術の開発が盛んに行われている.その一つであるLiDARにおけるビームステアリングには機械的動作部品の排除が求められており,シリコンフォトニクスによる光フェーズドアレイ(Optical Phased Array, OPA)の利用が提唱されている.このOPAを入力光の波長を制御するだけで動作するように設計することで消費電力の大幅な低減が期待できるが,大規模化にあたり導波路の製造誤差に由来する位相誤差に弱いという欠点がある.そこで本研究では,大規模な構造にも利用できる設計を検討した.また,64ch.のOPAにおいてビームステアリング制御が可能であることを実証した. 
(英) Recently, there has been a great deal of interest in the development of sensing technologies for the realization of more advanced automated driving. One such technology, LiDAR, requires the elimination of mechanically moving parts for beam steering, and the use of optical phased array (OPA) based on silicon photonics has been proposed. The OPA can be designed to operate only by controlling the wavelength of the input light, which can significantly reduce the power consumption. However, it is vulnerable to phase errors caused by manufacturing errors of waveguide. In this talk we considered designs that can be used for large structures and demonstrated that beam steering control is possible for a 64-channel OPA.
キーワード (和) シリコンフォトニクス / 光フェーズドアレイ / LiDAR / / / / /  
(英) Silicon Photonics / Optical Phased Array / LiDAR / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 377, OPE2021-54, pp. 27-30, 2022年2月.
資料番号 OPE2021-54 
発行日 2022-02-17 (OCS, OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2021-42 OFT2021-74 OPE2021-54

研究会情報
研究会 OPE OFT OCS  
開催期間 2022-02-24 - 2022-02-25 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、光ファイバ計測応用、通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OPE 
会議コード 2022-02-OPE-OFT-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 波長掃引型光フェーズドアレイの大規模化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Expansion of optical phased array controlled only by wavelength sweep 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) シリコンフォトニクス / Silicon Photonics  
キーワード(2)(和/英) 光フェーズドアレイ / Optical Phased Array  
キーワード(3)(和/英) LiDAR / LiDAR  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三杉 大和 / Yamato Misugi / ミスギ ヤマト
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡山 秀彰 / Hideaki Okayama / オカヤマ ヒデアキ
第2著者 所属(和/英) 沖電気工業 (略称: OKI)
Oki Electric Industry Co. LtD. (略称: OKI)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 北 智洋 / Tomohiro Kita / キタ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-24 16:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OPE 
資料番号 IEICE-OCS2021-42,IEICE-OFT2021-74,IEICE-OPE2021-54 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.375(OCS), no.376(OFT), no.377(OPE) 
ページ範囲 pp.5-8(OCS), pp.23-26(OFT), pp.27-30(OPE) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OCS-2022-02-17,IEICE-OFT-2022-02-17,IEICE-OPE-2022-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会