お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-02-21 15:50
顕著性マップに基づく腹腔鏡コントラスト強調画像の関心領域推定における統計的分析
河畑則文北大)・中口俊哉千葉大ITS2021-34 IE2021-43
抄録 (和) 病院などの医療現場において,医療従事者が医用画像を目視で見る機会は多く,どこの部分を注視しているか,重要であるかという情報が必要とされる.勿論,医療従事者が自分の知見から判断するのも一つの手法であるが,もし,事前に何かしらの関心領域の手がかりをコンピュータにより提示可能ならば,我々はコンピュータ診断支援可能だと考えた.本研究では,腹腔鏡画像をコントラスト強調する前後で,顕著性マップを用いることで,関心領域の推定領域がどのように変化するかを実験により検証した.また,関心領域推定に関して,画像の面積を測定し,具体的な数値を抽出することで,可視化を行った.最後に,本研究で得られた結果から,統計的に分析を行い,考察を行った. 
(英) In the medical field such as hospital, there are many chance for medical workers to see medical images visually. Therefore, it is needed where body regions, where the importance information they gaze. Of course, medical workers judge from their knowledge as one of methods. However, if it is possible to present some clues for Region Of Interest (ROI) by using computer in advance, we consider that it is possible to carry out the computer aided diagnosis. In this paper, before and after processing of contrast enhancement for laparoscopic images, first we carried out experiments how estimation region for ROI is changed using saliency map. Next, for estimation of ROI, we measured area in an image, and then we visualized experimental result by calculating numerical value in detail. Finally, from experimental result and visualization obtained in this study, we analyzed statistically, and then discussed for overall.
キーワード (和) 腹腔鏡画像 / コントラスト強調 / 関心領域 / 顕著性マップ / 視覚的注意 / 面積 / 統計解析 /  
(英) Laparoscopic Image / Contrast Enhancement / Region Of Interest (ROI) / Saliency Map / Visual Attention / Area / Statistical Analysis /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 374, IE2021-43, pp. 55-60, 2022年2月.
資料番号 IE2021-43 
発行日 2022-02-14 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2021-34 IE2021-43

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-ME ITE-MMS  
開催期間 2022-02-21 - 2022-02-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 画像処理,一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2022-02-IE-ITS-AIT-ME-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 顕著性マップに基づく腹腔鏡コントラスト強調画像の関心領域推定における統計的分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Statistical Analysis on Estimation of Laparoscopic Image Region of Interest Including Contrast Enhancement Based on Saliency Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 腹腔鏡画像 / Laparoscopic Image  
キーワード(2)(和/英) コントラスト強調 / Contrast Enhancement  
キーワード(3)(和/英) 関心領域 / Region Of Interest (ROI)  
キーワード(4)(和/英) 顕著性マップ / Saliency Map  
キーワード(5)(和/英) 視覚的注意 / Visual Attention  
キーワード(6)(和/英) 面積 / Area  
キーワード(7)(和/英) 統計解析 / Statistical Analysis  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河畑 則文 / Norifumi Kawabata / カワバタ ノリフミ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokkaido Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中口 俊哉 / Toshiya Nakaguchi / ナカグチ トシヤ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-02-21 15:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2021-34,IEICE-IE2021-43 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.373(ITS), no.374(IE) 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2022-02-14,IEICE-IE-2022-02-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会