お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-28 15:30
DCP-FDTD法を用いたTHz帯における任意形状分散性媒質の解析
岩本哲弥柴山 純山内潤治中野久松法政大EST2021-93
抄録 (和) 直交座標系の有限差分時間領域(FDTD)法を用いて曲面を持つ分散性媒質を解析する際,階段近似を用いるためモデリングに注意を要する.解析領域の空間の刻み幅を小さく選ぶことで誤差が低減されるが,計算時間とメモリ使用量が増大化する.そこで我々は,任意形状の分散性媒質を精度良く解析するためにDispersive Contour-Path(DCP)アルゴリズムを導入したTrapezoidal Recursive Convolution 法に基づくFDTD 法を開発した.本稿ではDCP-FDTD法をTHz帯での解析に拡張し,任意形状の分散性媒質を扱う.はじめに,DCPアルゴリズムを導入したFDTD法の計算式を示す.次に,本手法を用いてInSbコート誘電体円柱配列を取り上げ,刻みの大きい場合でも精度の良い解析ができることを見出す.最後に本手法を用いることにより,計算精度を維持しつつ,従来手法と比較して計算時間を20%以下に短縮できることを明示する. 
(英) The conventional finite-difference time-domain (FDTD) method is formulated in the Cartesian coordinate system. Therefore, the staircase approximation should be used even for the analysis of arbitrarily-shaped dispersive media. Unfortunately, this gives rise to the discretization error. The use of small meshes can reduce the error, but results in a long computational time with more memory resources. To accuralty treat arbitrarily-shaped dispersive media, we have introduced the dispersive contour-path (DCP) algorithm into the FDTD method based on the trapezoidal recursive convolution technique. The purpose of this article is to extend the DCP-FDTD method to the analysis at terahertz frequencies. First, we show the FDTD formulations with the DCP algorithm. Next, we analyze an InSb-coated dielectric cylinder array. The method yields a reasonably accurate solution with large meshes. Finally, we compare the computational time with that of the conventional method. It is shown that the computational time is reduced to 20%, maintaing computational accuracy.
キーワード (和) 有限差分時間領域(FDTD)法 / Dispersive contour-path(DCP)アルゴリズム / THz波 / 周期境界条件 / / / /  
(英) Finite-difference time-domain (FDTD) method / Dispersive contour-path (DCP) algorithm / Terahertz (THz) wave / Periodic boundary condition (PBC) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 358, EST2021-93, pp. 178-182, 2022年1月.
資料番号 EST2021-93 
発行日 2022-01-20 (EST) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EST2021-93

研究会情報
研究会 EST  
開催期間 2022-01-27 - 2022-01-28 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) シミュレーション技術、一般 
テーマ(英) Simulation techniques, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2022-01-EST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DCP-FDTD法を用いたTHz帯における任意形状分散性媒質の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of arbitrarily-shaped dispersive media using the DCP-FDTD method in the THz region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 有限差分時間領域(FDTD)法 / Finite-difference time-domain (FDTD) method  
キーワード(2)(和/英) Dispersive contour-path(DCP)アルゴリズム / Dispersive contour-path (DCP) algorithm  
キーワード(3)(和/英) THz波 / Terahertz (THz) wave  
キーワード(4)(和/英) 周期境界条件 / Periodic boundary condition (PBC)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 哲弥 / Tetsuya Iwamoto / イワモト テツヤ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 純 / Jun Shibayama / シバヤマ ジュン
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano / ナカノ ヒサマツ
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
Hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-01-28 15:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EST2021-93 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.358 
ページ範囲 pp.178-182 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EST-2022-01-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会