お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-21 10:55
YOLOv5を用いたイメージセンサ通信における点灯パターン推定
松田寛子松下春奈香川大)・荒井伸太郎岡山理科大NLP2021-77 MICT2021-52 MBE2021-38
抄録 (和) 本研究では,可視光通信を高度道路交通システムへ応用した路車間イメージセンサ通信に着目し,You Only Look Once (YOLO) を用いた信号復調手法を提案する.本研究で考える路車間イメージセンサ通信では,送信機に既存のLED 信号機を,受信機に車に搭載した高速度イメージセンサを想定している.路車間イメージセンサ通信を行う際,受信機側で撮影した画像からの高い識別精度と,高速度な信号復調処理が要求される.また,ノイズ等によって劣化した撮影画像に対しても,正確に信号復調する必要がある.そこで本研究では,物体検出において高い識別精度と高速な検出を行うことができるYOLO を用いた信号復調手法を提案する.シミュレーションの結果,劣化画像と非劣化画像を学習画像として用いた場合,ほぼ100% の確率で信号復調が可能であることを示す. 
(英) This paper focuses on the image sensor communication (ISC) and propose a signal
demodulation method using You Only Look Once (YOLO). In the ISC, we assume that a transmitter is a LED traffic light and a receiver is a high-speed on-vehicle camera. The ISC requires high image recognition accuracy from the captured image and high-speed decoding processing. In addition, it is necessary to be able to accurately recognize images even if the captured image is degraded by noise. This study proposes YOLO-based demodulation method for the ISC. YOLO is a machine learning that performs ``detection'' and ``identification'' at the same time, thus eliminating the processing time delay and boasting high identification accuracy. Simulation results show that our method was able to exactly demodulate the transmitted images with almost 100% probability.
キーワード (和) LED / 可視光通信 / 路車間イメージセンサ通信 / YOLO / / / /  
(英) Light Emitting Diode (LED) / Image Sensor Communication (ISC) / You Only Look Once (YOLO) / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 335, NLP2021-77, pp. 31-34, 2022年1月.
資料番号 NLP2021-77 
発行日 2022-01-14 (NLP, MICT, MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NLP2021-77 MICT2021-52 MBE2021-38

研究会情報
研究会 NLP MICT MBE NC  
開催期間 2022-01-21 - 2022-01-23 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) NC, ME,MICT,NLP, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2022-01-NLP-MICT-MBE-NC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) YOLOv5を用いたイメージセンサ通信における点灯パターン推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recognition Using YOLOv5 for Degraded Images on Image Sensor Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LED / Light Emitting Diode (LED)  
キーワード(2)(和/英) 可視光通信 / Image Sensor Communication (ISC)  
キーワード(3)(和/英) 路車間イメージセンサ通信 / You Only Look Once (YOLO)  
キーワード(4)(和/英) YOLO /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 寛子 / Hiroko Matsuda / マツダ ヒロコ
第1著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 春奈 / Haruna Matsushita / マツシタ ハルナ
第2著者 所属(和/英) 香川大学 (略称: 香川大)
Kagawa University (略称: Kagawa Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第3著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ of Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-01-21 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2021-77,IEICE-MICT2021-52,IEICE-MBE2021-38 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.335(NLP), no.336(MICT), no.337(MBE) 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NLP-2022-01-14,IEICE-MICT-2022-01-14,IEICE-MBE-2022-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会