お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2022-01-13 14:05
複素モーメント型光固有値復調法における固有値抽出範囲の影響
寺師悠平久野大介三科 健阪大)・吉田悠来NICT/阪大)・丸田章博阪大CS2021-68
抄録 (和) 光固有値変調方式は,光ファイバ中の波長分散,非線形光学効果の影響を受けない,理想的な変調方式として注目されている.著者らは,光固有値を復調する際の時間計算量を削減するために,複素モーメント型固有値解法を用いた光固有値復調法を検討している.本稿では,複素モーメント型固有値解法とニューラルネットワークを結合した光固有値復調法を用いる際に複素モーメント型固有値解法の固有値抽出範囲が信号受信性能へ与える影響について,原理確認実験により評価した結果を報告する. 
(英) Optical eigenvalue modulation has been attracting attention as an ideal modulation not affected by chromatic dispersion and fiber nonlinearities. We have proposed a method of optical eigenvalue demodulation based on complex moment-based eigenvalue solver(CME) and artificial neural network (ANN).This paper reports the impacts of eigenvalues' extraction range on demodulation performance by experiments.
キーワード (和) 固有値変調 / 複素モーメント型固有値解法 / ニューラルネットワーク / / / / /  
(英) Eigenvalue Modulation / Complex Moment-based Eigenvalue Solver / Artificial Neural Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 319, CS2021-68, pp. 1-6, 2022年1月.
資料番号 CS2021-68 
発行日 2022-01-06 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CS2021-68

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2022-01-13 - 2022-01-14 
開催地(和) KDDI維新ホール 会議室(204A・B) 
開催地(英) Conference room 204A・B at KDDI Ishin-hall 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Core and metro system, Submarine telecommunications system, Optical access system and next generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission monitoring and control, Design and tool for optical transmission system, Co-operation between optical and mobile, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2022-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複素モーメント型光固有値復調法における固有値抽出範囲の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Impact of Range of Eigenvalue Extraction on Demodulation Method using Complex Moment-based Eigenvalue Solver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 固有値変調 / Eigenvalue Modulation  
キーワード(2)(和/英) 複素モーメント型固有値解法 / Complex Moment-based Eigenvalue Solver  
キーワード(3)(和/英) ニューラルネットワーク / Artificial Neural Network  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺師 悠平 / Yuhei Terashi / テラシ ユウヘイ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 久野 大介 / Daisuke Hisano / ヒサノ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三科 健 / Ken Mishina / ミシナ ケン
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 悠来 / Yuki Yoshida / ヨシダ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構/大坂大学 (略称: NICT/阪大)
National Institute of Information and Communications Technology/Osaka University (略称: NICT/Osaka University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 章博 / Akihiro Maruta / マルタ アキヒロ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka University)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2022-01-13 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2021-68 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.319 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2022-01-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会