お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-12-15 11:10
発話困難な入院患者の介助希望の可視化と伝達速度を向上させるIoTシステムの提案
村上 舞成尾一征岩井将行東京電機大
抄録 (和) 患者の意思を看護師に伝達する手段であるナースコールには,呼び出し回数の増加によって看護師のストレスの増大や患者の様態把握が困難な場面が多数存在すると考えられる.また,ナースコールが押された後,看護師が病室に到着するまでにかかる時間によっては患者の意思伝達が遅くなる可能性がある.
そこで本研究ではナースコールと併用可能な小型でディスプレイ装置のついたM5Stackを使用することでSNS への伝達速度の向上と患者の様態の可視化を目指すIoT システム提案をする.
さらに,近年,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,入院患者と面会できない状況が続いている中でも,本研究のSNSへの通知による患者家族との情報共有は,離れた場所から患者の様子を確認することやコミュニケーションの増加が見込める.
本研究の実験結果から,可視化による患者の様態把握と伝達速度の向上,及び患者家族との情報共有の有効性を示し,看護師のストレスと業務負荷の軽減の可能性を示した. 
(英) In nurse call, which is a means of communicating the patient's intention to the nurse, it is considered that there are many situations where it is difficult to grasp the patient's condition and increase the stress of the nurse due to the increase in the number of calls.
In addition, the patient's communication may be delayed depending on the time it takes for the nurse to arrive at the hospital room after the nurse call is pressed. Therefore, in this research, we propose an IoT system that aims to improve the transmission speed to SNS and visualize the patient's condition by using M5Stack. In recent years, to prevent the spread of the new coronavirus infection, even though it has been difficult to meet with inpatients, sharing information with the patient's family by the IoT system of notifying the SNS is a way to check the situation from a remote location and expected to increase to communication. From the experimental results of this study, we showed the effectiveness of visualizing the patient's condition and improving the transmission speed, and sharing information with the patient's family, and showed the possibility of reducing the stress and workload of nurses.
キーワード (和) 可視化 / ナースコールシステム / M5Stack / IoTシステム / 意思伝達速度 / / /  
(英) Visualization / Nurse call system / M5Stack / IoT system / Speed of Communication / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2021-12-15 - 2021-12-17 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 新様式でかわりゆく・かわらないヒューマンコミュニケーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2021-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発話困難な入院患者の介助希望の可視化と伝達速度を向上させるIoTシステムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal for an IoT Visualization System for Understanding the Condition of Hospitalized Patients with Speech Difficulties and Improving the Speed of Patient Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(2)(和/英) ナースコールシステム / Nurse call system  
キーワード(3)(和/英) M5Stack / M5Stack  
キーワード(4)(和/英) IoTシステム / IoT system  
キーワード(5)(和/英) 意思伝達速度 / Speed of Communication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 舞 / Mai Murakami / ムラカミ マイ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 成尾 一征 / Issei Naruo / ナルオ イッセイ
第2著者 所属(和/英) 東京電機大 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩井 将行 / Masayuki Iwai / イワイ マサユキ
第3著者 所属(和/英) 東京電機大 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: TDU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-12-15 11:10:00 
発表時間 15 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会