お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-11-06 11:05
プログラム・コード作成における学習者相互評価と能力評価の検討
中山 実東工大)・宇都雅輝電通大)・Temperini, MarcoSapienza大)・Sciarrone, FilippoRomaTre大ET2021-23
抄録 (和) プログラミングスキルの評価は,作成されたコードを対象に行われることが多いが,そのパフォーマンス評価に相互評価を導入することが検討されている.
本稿では,このように実施された相互評価データに項目反応理論(IRT)に基づく一般化多層Raschモデル(GMFRM)を適用して分析した.
評価データは大学初学年での授業で実施された5つの相互評価セッションで測定された.相互評価データはスパースであり,欠損値も多かった.
分析の結果,すべての参加学生の推定能力値と評価特性を算出することができた.
推定された能力値は,教員の評価や最終成績とも強い相関が見られた.
相互評価の5セッションの特性値として困難度や識別力も算出され,学習内容との関連が検討された. 
(英) Peer assessment data in open answer session of programming language
practices were analyzed with the item response theory (IRT) based
generalized many-facet Rasch model (GMFRM).
The peer assessment was conducted in five sessions as rating grades by peers to the artifacts produced during a credit course for freshmen at a university.
Though the peer ratings in five sessions were sparse data because of practical learning course data, the estimated ability and rating characteristics for all participants were extracted without missing.
The estimated ability strongly correlates with teacher's rating and final grade.
The characteristics of peer assessment session including learning topics were also evaluated with peer assessment data.
キーワード (和) プログラミングスキル / パフォーマンス評価 / ピア アセスメント / 項目反応理論 / / / /  
(英) Programming Skill / Performance Assessment / Peer Assessment / Item Response Theory (IRT) / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 232, ET2021-23, pp. 7-12, 2021年11月.
資料番号 ET2021-23 
発行日 2021-10-30 (ET) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ET2021-23

研究会情報
研究会 ET  
開催期間 2021-11-06 - 2021-11-06 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 個別最適化のための教育システム/一般 
テーマ(英) Education System for Individual Optimization, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ET 
会議コード 2021-11-ET 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) プログラム・コード作成における学習者相互評価と能力評価の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Program code development performance estimation using a peer assessment technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プログラミングスキル / Programming Skill  
キーワード(2)(和/英) パフォーマンス評価 / Performance Assessment  
キーワード(3)(和/英) ピア アセスメント / Peer Assessment  
キーワード(4)(和/英) 項目反応理論 / Item Response Theory (IRT)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 実 / Minoru Nakayama / ナカヤマ ミノル
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇都 雅輝 / Masaki Uto / ウト マサキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Temperini, Marco / Macro Temperini / Marco Temperini
第3著者 所属(和/英) Sapienza大学 (略称: Sapienza大)
Sapienza University (略称: Sapienza Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Sciarrone, Filippo / Filippo Sciarrone / Filippo Sciarrone
第4著者 所属(和/英) Roma Tre大学 (略称: RomaTre大)
Roma Tre University (略称: Roma Tre Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-11-06 11:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ET 
資料番号 IEICE-ET2021-23 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.232 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ET-2021-10-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会