お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-29 10:30
[ポスター講演]下り回線NOMAにおける圧縮センシングに基づく電力割当・ユーザ選択方式
槇田智史牟田 修九大
抄録 (和) 逐次型干渉キャンセラを用いる下り回線の非直交多元接続 (NOMA: Non-orthogonal multiple access) では, 適切なユーザ対を同一リソースに割り当てること (ユーザ選択) が必要になる. 本発表では, 下り回線NOMA システムにおいて, サービス品質 (QoS: Quality-of-service) と動的リソースブロック割当を考慮した圧縮センシングに基づく低演算量ユーザ選択・電力割当アルゴリズムを提案する. 提案方式では, 通信資源へのユーザ対の割当状況の疎性に着目し, NOMAにおける電力割当・ユーザ対選択の最適化 (伝送レート最大化) 問題を電力割当係数ベクトル (ユーザ選択状況) のl1 ノルム最小化問題として定式化する. チャネル状態に基づきリソースブロック(RB) 選択を行うとともに, そのRBにおけるQoS 制約に基づきユーザ間の干渉電力の許容値を導出し, それを満たす電力割当・ユーザ対を圧縮センシングの解法を利用して低演算量で求めるものである. シミュレーションの結果, 提案方式は要求されるQoSが実現可能である限りQoS制約をほぼ満たしながら, 従来方式と比較してユーザレートを向上できることを示した. 
(英) Downlink non-orthogonal multiple access (NOMA) systems with successive interference cancellation require an effective user selection strategy that assigns proper user-pair to the same resource block (RB). In this presentation, we propose a quality-of-service (QoS)-aware low complexity compressed sensing (CS)-based user selection and power allocation scheme for downlink non-orthogonal multiple access (NOMA) systems, where the tolerable interference threshold constraint is mathematically designed to achieve a given QoS requirement. Based on the fact that selecting a user-pair among all users is treated as a ‘sparse’ situation, joint user selection and power allocation problem is relaxed to l1 norm optimization problem under a QoS constraint based on the tolerable interference threshold, which can be solved by general CS algorithm. In this method, after allocating a suitable resource block, joint user pairing and power allocation are carried out under the interference threshold constraint. Simulation results show that the proposed scheme is effective in improving user-rate compared with other reference schemes while the QoS requirement is approximately satisfied as long as the required QoS value is feasible.
キーワード (和) 非直交多元接続(NOMA) / ユーザ選択 / 電力割当 / 圧縮センシング / / / /  
(英) Non-orthogonal multiple access (NOMA) / user selection / power allocation / compressed sensing / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 MIKA  
開催期間 2021-10-27 - 2021-10-29 
開催地(和) 沖縄県市町村自治会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 無線通信システム, 一般 
テーマ(英) Wireless Communication Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MIKA 
会議コード 2021-10-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 下り回線NOMAにおける圧縮センシングに基づく電力割当・ユーザ選択方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Compressed Sensing Based Power Allocation and User Selection Scheme for Downlink NOMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非直交多元接続(NOMA) / Non-orthogonal multiple access (NOMA)  
キーワード(2)(和/英) ユーザ選択 / user selection  
キーワード(3)(和/英) 電力割当 / power allocation  
キーワード(4)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 槇田 智史 / Tomofumi Makita / マキタ トモフミ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牟田 修 / Osamu Muta / ムタ オサム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-29 10:30:00 
発表時間 60 
申込先研究会 MIKA 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会