お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-22 14:25
[招待講演]左切断・右打ち切りのあるフィールド寿命データ解析 ~ パラメトリックモデルに基づく統計的推論と信頼性の予測 ~
江村剛志久留米大)・道前洋史北里大R2021-31
抄録 (和) 信頼性解析の活用事例には, 機器が現場で使用されている状態, つまりフィールド試験で収集された故障データ(フィールド寿命データ)に基づくものがある. このデータ収集法において, 収集期間前に早期故障が発生するため, 標本の切り捨て(左切断)により, 標本が観測不能になる. 左切断を適切に取り扱わない解析結果は, 信頼性の過大評価につながることが示唆されている. また故障データは右側打ち切りを受けるため, 左切断・右打ち切りデータの適切な解析が必要となる. このような解析は, 大型電力変換器のような実験室試験が困難で長い寿命を持つ機器の信頼性解析に適用されている. 近年, 様々な寿命分布モデルが提案され, 最尤法やベイズ法によるモデルの当てはめが提案されてきた. 本稿は, フィールド寿命データが左切断・右打ち切りを受ける場合の統計手法を総説する. これまで用いられた寿命分布(指数, ワイブル, 対数, ガンマ, ゴンペルツ, ロマックス)を紹介し, モデルの当てはめのための統計的手法を解説する. また, モデル選択法, 残存寿命予測法, ベイズ法を概説する. 
(英) In applications of reliability analyses, a dataset may be collected during a period of time to observe failure events. Left-truncation occurrs for failures occurring before the data collection, and right-censoring arises for failures occurring after the data collection period. The goal of the paper is to review the existing models and methods for dealing with left-truncation and right-censoring for field failure data. Our review includes the existing statistical models, such as the exponential, Weibull, lognormal, gamma, Gompertz, Lomax, and spline models. We comprehensively review the statistical method of maximum likelihood estimation, model selection, residual lifetime prediction, and Bayesian methods.
キーワード (和) 打ち切り / 切断 / ワイブル分布 / 生存時間解析 / 尤度 / 寿命分布 / ベイズ推定 / 最尤推定量  
(英) Censoring / Truncation / Weibull distribution / Survival analysis / Likelihood / Lifetime distribution / Bayesian estimation / Maximum likelihood estimation  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 216, R2021-31, pp. 7-12, 2021年10月.
資料番号 R2021-31 
発行日 2021-10-15 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2021-31

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2021-10-22 - 2021-10-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 情報通信システムの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability of Information Communication System, Reliability General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2021-10-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 左切断・右打ち切りのあるフィールド寿命データ解析 
サブタイトル(和) パラメトリックモデルに基づく統計的推論と信頼性の予測 
タイトル(英) Field Lifetime Data Analysis with Left-truncation and Right-censoring 
サブタイトル(英) Statistical Inference and Reliability Prediction based on Parametric Models 
キーワード(1)(和/英) 打ち切り / Censoring  
キーワード(2)(和/英) 切断 / Truncation  
キーワード(3)(和/英) ワイブル分布 / Weibull distribution  
キーワード(4)(和/英) 生存時間解析 / Survival analysis  
キーワード(5)(和/英) 尤度 / Likelihood  
キーワード(6)(和/英) 寿命分布 / Lifetime distribution  
キーワード(7)(和/英) ベイズ推定 / Bayesian estimation  
キーワード(8)(和/英) 最尤推定量 / Maximum likelihood estimation  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 江村 剛志 / Takeshi Emura / エムラ タケシ
第1著者 所属(和/英) 久留米大学 (略称: 久留米大)
Kurume University (略称: Kurume Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 道前 洋史 / Hirofumi Michimae /
第2著者 所属(和/英) 北里大学 (略称: 北里大)
Kitasato University (略称: Kitasato Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-22 14:25:00 
発表時間 60 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2021-31 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.216 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2021-10-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会