お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-21 10:25
バックホール伝送容量制約を考慮した複数中央処理局を用いたスケーラブルセルフリー大規模MIMOシステムの性能評価
伊藤雅秋菅野一生山崎浩輔KDDI総合研究所)・安藤研吾福榮秀都電通大)・飯盛寛貴JUB)・石橋功至電通大RCS2021-119
抄録 (和) 第6世代移動通信システムの中核的な技術の一つとしてセルフリー大規模MIMO(CF-mMIMO: Cell-Free massive Multiple-Input Multiple-Output)が注目されている.理想的なCF-mMIMOでは全てのアクセスポイントで受信した信号を1台の中央処理局(CPU: Central Processing Unit)に集約し,統合的に信号処理を行う.しかしながら,広域にわたる大規模なシステム展開を考えると,対象エリアに複数のCPUを配置し,負荷分散を行うのが現実的である.一方で,複数CPUを用いて,統合的な信号処理を行うためには,バックホールを介して,送受信信号といった複素信号をやり取りする必要がある.この場合,バックホール回線の伝送容量制約に伴う量子化誤差が特性に与える影響は無視できない.本稿では,現実的なシステム展開であるマルチCPUでのCF-mMIMOシステムの特性を計算機シミュレーションによって明らかにし,CPU間でエリアを分割し互いに独立に動作するセルラ分散MIMOと比較することで,その優位性について議論する. 
(英) Cell-free massive multiple-input multiple-output (CF-mMIMO) systems have attracted attention worldwide, being considered as one of the key technologies for the sixth generation wireless communication systems. Although CF-mMIMO systems ideally gather incoming signals received at access points (APs) at a common central processing unit (CPU), this may suffer from overloaded signal processing as the service area expands, implying the need of inter-CPU cooperation among multiple CPUs for load balancing. In this case, one of the non-negligible issues of inter-CPU cooperation is the quantization error due to the limited backhaul links utilized to exchange information among them. In this paper, we evaluate the system performance of CF-mMIMO systems composed of multiple CPUs, revealing the superiority of the latter in comparison with cellular distributed MIMO counterparts, in which each CPU operates independently.
キーワード (和) 6G / セルフリー大規模MIMO / マルチCPU / 分散MIMO / / / /  
(英) 6G / cell-free massive MIMO / multiple CPUs / distributed MIMO / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 210, RCS2021-119, pp. 7-12, 2021年10月.
資料番号 RCS2021-119 
発行日 2021-10-14 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2021-119

研究会情報
研究会 RCS  
開催期間 2021-10-21 - 2021-10-22 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信方式,無線通信システム,標準化,将来システムおよび一般 
テーマ(英) Wireless Communication Schemes, Wireless Communication Systems, Wireless Standards, Future Wireless Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-10-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バックホール伝送容量制約を考慮した複数中央処理局を用いたスケーラブルセルフリー大規模MIMOシステムの性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Scalable Cell-Free Massive MIMO Systems with Multiple CPUs Subject to Backhaul Capacity Limitation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 6G / 6G  
キーワード(2)(和/英) セルフリー大規模MIMO / cell-free massive MIMO  
キーワード(3)(和/英) マルチCPU / multiple CPUs  
キーワード(4)(和/英) 分散MIMO / distributed MIMO  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 雅秋 / Masaaki Ito / イトウ マサアキ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 一生 / Issei Kanno / カンノ イッセイ
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 浩輔 / Kosuke Yamazaki / ヤマザキ コウスケ
第3著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 研吾 / Kengo Ando / アンドウ ケンゴ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 福榮 秀都 / Shuto Fukue / フクエ シュウト
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯盛 寛貴 / Hiroki Iimori / イイモリ ヒロキ
第6著者 所属(和/英) ジェイコブズ大学 (略称: JUB)
Jacobs University Bremen (略称: JUB)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi / イシバシ コウジ
第7著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-21 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2021-119 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.210 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2021-10-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会