お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年9月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-19 15:25
レジスタオートマトンと能力等価な凍結演算子付きmu-calculusの部分クラス
大西 晃仙田涼摩名大)・高田喜朗高知工科大)・関 浩之名大SS2021-17 DC2021-22
抄録 (和) 有限オートマトンに,データ値を扱えるレジスタを追加して拡張したレジスタオートマトン (RA)は,所属問題や空問題が判定可能である等の良い性質をもち,XML文書などへの問合せ言語のモデルとして注目されている.また,RAと親和性の高い論理として凍結演算子付きLTL (${rm LTL}^downarrow$)も知られているが,表現能力が非常に高く,一般にはモデル検査等の応用には不向きである.筆者らはRAに等価変換可能な${rm LTL}^downarrow$の部分クラスを設定したが,その能力はRAより小さかった.本研究では,${rm LTL}^downarrow$より能力の高い論理である凍結演算子付き$mu$-計算($mu^downarrow$-計算)に注目し,RAと相互変換可能な部分クラスを設定して,相互変換法とその正当性の証明を与えた. 
(英) Register automaton (abbreviated as RA) is an extension of finite automaton by adding
registers storing data values. RA has good properties such that the membership and emptiness problems are decidable. In the previous study, we proposed a subclass of LTL with the freeze quantifier that can be translated into RA. However, the expressive power of the subclass is weaker than that of RA. In this paper, we propose a subclass of mu-calculus with the freeze quantifier, provide equivalent translations between this subclass and RA, and show their correctness.
キーワード (和) 凍結演算子付きmu-計算 / レジスタオートマトン / 等価変換 / モデル検査 / / / /  
(英) mu-calculus with the freeze quantifier / register automaton / equivalence translation / model checking / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 204, SS2021-17, pp. 23-28, 2021年10月.
資料番号 SS2021-17 
発行日 2021-10-12 (SS, DC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.
PDFダウンロード SS2021-17 DC2021-22

研究会情報
研究会 SS DC  
開催期間 2021-10-19 - 2021-10-19 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) ディペンダブルコンピューティング,ソフトウェアサイエンスおよび一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SS 
会議コード 2021-10-SS-DC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レジスタオートマトンと能力等価な凍結演算子付きmu-calculusの部分クラス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Subclass of Mu-Calculus with the Freeze Quantifier Equivalent to Register Automata 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 凍結演算子付きmu-計算 / mu-calculus with the freeze quantifier  
キーワード(2)(和/英) レジスタオートマトン / register automaton  
キーワード(3)(和/英) 等価変換 / equivalence translation  
キーワード(4)(和/英) モデル検査 / model checking  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 晃 / Akira Onishi / オオニシ アキラ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仙田 涼摩 / Ryoma Senda / センダ リョウマ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 喜朗 / Yoshiaki Takata / タカタ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 高知工科大学 (略称: 高知工科大)
Kochi University of Technology (略称: KUT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 浩之 / Hiroyuki Seki / セキ ヒロユキ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-19 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SS 
資料番号 IEICE-SS2021-17,IEICE-DC2021-22 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.204(SS), no.205(DC) 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SS-2021-10-12,IEICE-DC-2021-10-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会