お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-14 10:30
[ポスター講演]OCDRの世界最速動作の実現と空間分解能劣化の抑制
宮前知弥朱 光韜清住空樹横浜国大)・野田康平東工大/横浜国大)・李 ひよん芝浦工大)・中村健太郎東工大)・水野洋輔横浜国大OFT2021-23
抄録 (和) 近年、光ファイバ通信が急激に広まると同時に、光ファイバ通信ネットワークの健全性を診断する技術が求められている。光相関領域反射計測法(OCDR)は、光ファイバに沿った反射率の分布を計測する技術であり、ファイバ間の接続不良箇所や破断点の検出に用いることができる。これまでにシステムの簡素化が推進されており、例えば、光ヘテロダイン検波のための音響光学変調器や参照光路を撤廃したOCDRが開発されてきた。しかし、OCDRの実用化・製品化のためにはさらなるシステムの簡素化が求められている。これまでに、電気信号を処理する際に使用されていた電気スペクトラムアナライザ(ESA)を撤廃した簡素なOCDRを実現し、高い空間分解能を維持したまま安定に動作したため、更なる高速測定の可能性が示唆された。そこで本研究では、ESAを撤廃した簡素化OCDRを用いて、ESAを用いた場合の最高値の10倍となる動作速度(1 kHz)での反射率分布測定が可能であることを示す。また、1 kHzまでの高速動作においては、従来は動作速度と空間分解能がトレードオフの関係にあったが、ESAの撤廃によって本トレードオフが解消されることを実証する。 
(英) Recent rapid growth of optical fiber communication has led to a significant demand for health monitoring technology of optical fiber communication networks. One of the promising techniques that can be used to detect defects and/or breakage points along a fiber is optical correlation-domain reflectometry (OCDR), which can measure the reflected power distributions along an optical fiber. The OCDR system has been simplified from several aspects; for instance, an acousto-optic modulator for optical heterodyne detection or a reference path was removed from the setup. However, further simplification of the system is required for its practical applications. To date, we have developed a simplified OCDR that does not utilize an electrical spectrum analyzer (ESA) for processing electrical signals, and experimentally verified that the ESA-free system shows stable and high-speed operation (repetition rate: up to 100 Hz) even with a high spatial resolution, suggesting the possibility of higher-speed operation. In this work, the ESA-free OCDR was used to measure the reflected power distributions at a repetition rate of 1 kHz, which is 10 times faster than the highest value ever reported. We also demonstrate that our system can mitigate the trade-off relationship between operating speed and spatial resolution, which will boost the potential applicability of OCDR.
キーワード (和) 光ファイバセンサ / 光相関領域反射計(OCDR) / 反射率分布計測 / 高速動作 / 空間分解能 / / /  
(英) optical fiber sensors / optical correlation-domain reflectometry(OCDR) / distributed reflectivity measurement / high-speed operation / spatial resolution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 199, OFT2021-23, pp. 9-12, 2021年10月.
資料番号 OFT2021-23 
発行日 2021-10-07 (OFT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2021-23

研究会情報
研究会 OFT  
開催期間 2021-10-14 - 2021-10-15 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 一般(一般セッションおよび学生ポスターセッション) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2021-10-OFT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OCDRの世界最速動作の実現と空間分解能劣化の抑制 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) World-fastest operation of OCDR without spatial resolution deterioration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバセンサ / optical fiber sensors  
キーワード(2)(和/英) 光相関領域反射計(OCDR) / optical correlation-domain reflectometry(OCDR)  
キーワード(3)(和/英) 反射率分布計測 / distributed reflectivity measurement  
キーワード(4)(和/英) 高速動作 / high-speed operation  
キーワード(5)(和/英) 空間分解能 / spatial resolution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮前 知弥 / Tomoya Miyamae / ミヤマエ トモヤ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 朱 光韜 / Zhu Guangtao / ジュー グァンタオ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清住 空樹 / Takaki Kiyozumi / キヨズミ タカキ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 野田 康平 / Kohei Noda / ノダ コウヘイ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学/横浜国立大学 (略称: 東工大/横浜国大)
Tokyo Institute of Technology/Yokohama National University (略称: Tokyo Tech/YNU)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 ひよん / Heeyoung Lee / リ ヒヨン
第5著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 健太郎 / Kentaro Nakamura / ナカムラ ケンタロウ
第6著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 洋輔 / Yosuke Mizuno / ミズノ ヨウスケ
第7著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokohama National University (略称: YNU)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-14 10:30:00 
発表時間 80 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2021-23 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.199 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2021-10-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会