お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-07 13:00
[ポスター講演]複合材料の等価的な誘電率推定方法に関する研究
相澤廣樹前山利幸拓殖大AP2021-80
抄録 (和) 屋内の伝搬特性を電磁解析手法により推定するためには,壁などの建築材料の正確な電気定数が必要である.一方,鉄筋コンクリートのように,コンクリートと鉄筋により構成された複合材料がある.この複合材料について,等価的に1つの誘電率で示すための推定方法について研究を進めている.すでに一般建築材料の透過反射特性を利用し,実験的検討を行った例が論文で報告されている.そこで,電磁解析空間を使用して複合材料の誘電率の推定に関する検討を行った.本稿では,定在波と透過法を利用して複素比誘電率の推定を行った結果について報告する. 
(英) In order to estimate indoor propagation characteristics by electromagnetic analysis method, accurate electrical constants of building materials such as walls are required. On the other hand, there are composite materials composed of concrete and reinforcing bars, such as reinforced concrete. We are researching an estimation method for equivalently indicating one dielectric constant for this composite material. An example of an experimental study using the transmission and reflection characteristics of general building materials has already been reported in the paper. Therefore, we investigated the estimation of the permittivity of composite materials using the electromagnetic analysis space. In this paper, we report the result of estimating the complex relative permittivity using the standing wave and the transmission method.
キーワード (和) 複合材料 / FDTD / 複素比誘電率 / 定在波法 / 透過法 / / /  
(英) Composite material / FDTD / Complex relative permittivity / Standing wave method / Permeation method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 191, AP2021-80, pp. 51-53, 2021年10月.
資料番号 AP2021-80 
発行日 2021-09-30 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2021-80

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2021-10-07 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2021-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複合材料の等価的な誘電率推定方法に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Equivalent Permittivity Estimating Method for Composite Materials 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複合材料 / Composite material  
キーワード(2)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(3)(和/英) 複素比誘電率 / Complex relative permittivity  
キーワード(4)(和/英) 定在波法 / Standing wave method  
キーワード(5)(和/英) 透過法 / Permeation method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 相澤 廣樹 / Hiroki Aizawa / アイザワ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前山 利幸 / Toshiyuki Maeyama / マエヤマ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-07 13:00:00 
発表時間 75 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2021-80 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.191 
ページ範囲 pp.51-53 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-AP-2021-09-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会