お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-10-07 09:00
[チュートリアル講演]衛星通信回線における降雨減衰特性の測定法と推定法の研究
前川泰之阪電通大AP2021-68
抄録 (和) Ka帯およびKu帯を用いた国内の固定衛星通信伝搬路における降雨減衰特性の推定法について、主に大阪電気通信大学寝屋川局で1986年から2006年にわたって得られたCS(19.45GHz)とBS(11.84GHz)電波の測定データを用いて解説する.特に年間累積時間率分布、最悪月累積時間率分布、周波数スケーリング等の統計量の導出方法を説明する.また、ITU-R勧告による予測値や理論的な計算値の算出方法についても詳しく述べる.降雨減衰の累積時間率分布等の長期統計は,いずれの周波数帯もITU-R勧告値と概して良い一致を示すが.これらの長期統計にはかなりの年変動が存在し、その要因として年間降水量の他に各年の対流性降雨の発生率等を指摘する. 
(英) Rain attenuation characteristics of Ka and Ku band satellite communication links are presented using the domestic CS (19.45 GHz) and BS (11.84 GHz) signal levels observed at Osaka Electro-Communication University from 1986 to 2006 at Neyagawa, Osaka. Specifically, statistical calculation methods are introduced for yearly cumulative time percentages, worst month time percentages, and frequency scaling. Also, the prediction methods of ITU-R recommendations are explained for these statistics. The long-term cumulative time percentages of both frequency bands are in good agreement with ITU-R predictions. However, the yearly time percentages show fairly large variations, which seem to be caused by dominant rainfall types such as convective precipitation in addition to yearly rainfall.
キーワード (和) 衛星通信 / 降雨減衰統計 / 降雨強度 / 最悪月累積時間率 / 周波数スケーリング / ITU-R勧告 / /  
(英) Satellite communications / Rain attenuation statistics / Rainfall rate / Worst month statistics / Frequency scaling / ITU-R recommendation / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 191, AP2021-68, pp. 1-6, 2021年10月.
資料番号 AP2021-68 
発行日 2021-09-30 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2021-68

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2021-10-07 - 2021-10-08 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 学生特集, 一般 
テーマ(英) Student Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2021-10-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星通信回線における降雨減衰特性の測定法と推定法の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Measurement and Estimation Methods of Rain Attenuation Characteristics in Satellite Communications Links 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 衛星通信 / Satellite communications  
キーワード(2)(和/英) 降雨減衰統計 / Rain attenuation statistics  
キーワード(3)(和/英) 降雨強度 / Rainfall rate  
キーワード(4)(和/英) 最悪月累積時間率 / Worst month statistics  
キーワード(5)(和/英) 周波数スケーリング / Frequency scaling  
キーワード(6)(和/英) ITU-R勧告 / ITU-R recommendation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前川 泰之 / Yasuyuki Maekawa / マエカワ ヤスユキ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Commun. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-10-07 09:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2021-68 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.191 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2021-09-30 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会