お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-09-10 15:50
映像評価指標に基づく配信帯域制御による品質管理型ABR配信手法の検討
福留大貴NHK)・北田裕之NTT)・黒住正顕西出彩花西村 敏NHK)・奥山隆文趙 笑添NTT)・山本正男NHKCQ2021-61
抄録 (和) 近年, ネットワーク制御APIの外部開放が検討され始めている. 帯域等のネットワークQoSを動画配信事業者が動的に制御することで, 細かいサービス品質の管理が可能になる. そこで筆者らはVMAFなどの主観画質を反映した映像評価指標を基準に, 配信ネットワーク帯域の動的制御とABR制御を協調させることで, 視聴者の主観的な視聴品質を管理可能な動画配信手法を開発し, 性能評価を行ったので報告する. 
(英) In recent years, the Byond5G promotion strategy has begun to consider opening up network control APIs to the outside. Dynamic control of network QoS, such as bandwidth by video delivery service providers, is expected to enable detailed video service quality management. We have developed and verified a quality-controlled video delivery method that can manage the subjective viewing quality of viewers by coordinating dynamic control of the delivery network bandwidth and ABR control based on a video quality assessment model that reflects subjective image quality such as VMAF.
キーワード (和) ABR / MPEG-DASH / QoS / VMAF / QoE / ネットワーク仮想化 / クロスレイヤー /  
(英) ABR / MPEG-DASH / QoS / VMAF / QoE / Network virtualization / Cross -Layer /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 173, CQ2021-61, pp. 115-120, 2021年9月.
資料番号 CQ2021-61 
発行日 2021-09-02 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CQ2021-61

研究会情報
研究会 CQ MIKA  
開催期間 2021-09-09 - 2021-09-10 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 無線通信品質、6G、IoT、無線伝送、リソース制御、クロスレイヤー技術、一般 
テーマ(英) Wireless Communications Quality, 6G, IoT, Resource Management, Wireless Transmission, Cross layer Technologies, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2021-09-CQ-MIKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像評価指標に基づく配信帯域制御による品質管理型ABR配信手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Quality Managed ABR Control Method by Delivery Resource Allocation Based on Video Quality Assessment Model 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ABR / ABR  
キーワード(2)(和/英) MPEG-DASH / MPEG-DASH  
キーワード(3)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(4)(和/英) VMAF / VMAF  
キーワード(5)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(6)(和/英) ネットワーク仮想化 / Network virtualization  
キーワード(7)(和/英) クロスレイヤー / Cross -Layer  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福留 大貴 / Daiki Fukudome / フクドメ ダイキ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHKSTRL)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北田 裕之 / Hiroyuki Kitada / キタダ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) ネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒住 正顕 / Masaaki Kurozumi / クロズミ マサアキ
第3著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHKSTRL)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西出 彩花 / Sayaka Nishide / ニシデ サヤカ
第4著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHKSTRL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 敏 / Satoshi Nishimura / ニシムラ サトシ
第5著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHKSTRL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 隆文 / Takafumi Okuyama / オクヤマ タカフミ
第6著者 所属(和/英) ネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 笑添 / Xiaotian Zhao / チョウ ショウテン
第7著者 所属(和/英) ネットワークサービスシステム研究所 (略称: NTT)
NTT Network Service Systems Laboratories (略称: NTT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 正男 / Masao Yamamoto / ヤマモト マサオ
第8著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories (略称: NHKSTRL)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-09-10 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2021-61 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.173 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2021-09-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会