お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-26 15:15
[依頼講演]HAPSを用いたミリ波帯バックホールシステムの開発状況 ~ Beyond5G/6G時代のHAPS搭載NTNシステムの開発と実証 ~
北之園 展鈴木 淳スカパーJSAT)・岸山祥久外園悠貴NTTドコモ)・外山隆行大内幹博パナソニック)・三浦 龍辻 宏之NICTSAT2021-30 RCS2021-105
抄録 (和) 「Society5.0時代の地方」を支えるため,地理的経済的理由により光ファイバー敷設が進まない地方においては,第5世代移動通信(以下,「5G」)網の高速大容量の無線通信システムの整備は喫緊の重要課題である.またBeyond 5G時代に向けては,ドローンや空飛ぶクルマ,船舶など,従来の移動通信ネットワークではカバーできない空・海に通信に対して,NTN(Non-Terrestrial Network)の一種である上空約20kmの高度に滞留するHAPS (High-Altitude Platform Station) によってカバレッジを拡張し,当該エリアへ低遅延・高速大容量の5G通信サービスを提供することにより,あらゆるユースケースに対応できる通信システムの実現が可能となる.本稿では総務省の「電波資源拡大のための研究開発」によって実施しいてる,ミリ波を用いたHAPSによる5G網バックホールシステムの開発状況について解説する. 
(英) In order to support the mid-2020 and beyond, the development of high-speed, high-capacity wireless communication systems for 5G (5th Generation ) networks has become an urgent and important issue in areas where optical fiber installation has not progressed due to geographical and economic reasons. Toward the 5G and beyond, HAPS (High-Altitude Platform Station) which located at an altitude of 20 km can provide communication links to aircraft, drones, flying cars, ships, space and expand the coverage to the sky, and the sea. The HAPS makes it possible to provide low-latency, high-speed 5G communication services in these areas, and it is also possible to realize a communication system that can handle all use cases. This paper describes the development status of a 5G network backhaul system using HAPS in the millimeter wave band. This research and development will be carried out from 2020 to 2023 by the Ministry of Internal Affairs and Communications "Research and Development for Expansion of Radio Resources".
キーワード (和) HAPS / NTN / Non-Terrestrial Network / Beyond 5G / 低遅延 / バックホール / ミリ波 / 降雨減衰  
(英) HAPS / NTN / Non-Terrestrial Network / Beyond 5G / Low-Latency / Backhaul / mmWave / rain-attenuation  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 153, RCS2021-105, pp. 32-37, 2021年8月.
資料番号 RCS2021-105 
発行日 2021-08-19 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2021-30 RCS2021-105

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2021-08-26 - 2021-08-27 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2021-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HAPSを用いたミリ波帯バックホールシステムの開発状況 
サブタイトル(和) Beyond5G/6G時代のHAPS搭載NTNシステムの開発と実証 
タイトル(英) Development of HAPS Backhaul System using mmWave Frequency 
サブタイトル(英) HAPS as a NTN System for 5G and Beyond 
キーワード(1)(和/英) HAPS / HAPS  
キーワード(2)(和/英) NTN / NTN  
キーワード(3)(和/英) Non-Terrestrial Network / Non-Terrestrial Network  
キーワード(4)(和/英) Beyond 5G / Beyond 5G  
キーワード(5)(和/英) 低遅延 / Low-Latency  
キーワード(6)(和/英) バックホール / Backhaul  
キーワード(7)(和/英) ミリ波 / mmWave  
キーワード(8)(和/英) 降雨減衰 / rain-attenuation  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北之園 展 / Hiromu Kitanozoo / キタノゾノ ヒロム
第1著者 所属(和/英) スカパーJSAT株式会社 (略称: スカパーJSAT)
SKY Perfect JSAT Corporation (略称: SJC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 淳 / Jun Suzuki / スズキ ジュン
第2著者 所属(和/英) スカパーJSAT株式会社 (略称: スカパーJSAT)
SKY Perfect JSAT Corporation (略称: SJC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸山 祥久 / Yoshihisa Kishiyama / キシヤマ ヨシヒサ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 外園 悠貴 / Yuki Hokazono / ホカゾノ ユウキ
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO INC. (略称: NTT DOCOMO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 外山 隆行 / Takayuki Sotoyama / ソトヤマ タカユキ
第5著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
vPanasonic Corporation (略称: Panasonic)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大内 幹博 / Mikihiro Ouchi / オオウチ ミキヒロ
第6著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
vPanasonic Corporation (略称: Panasonic)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 龍 / Ryu Miura / ミウラ リュウ
第7著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 宏之 / Hiroyuki Tsuji / ツジ ヒロユキ
第8著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-26 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-SAT2021-30,IEICE-RCS2021-105 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.152(SAT), no.153(RCS) 
ページ範囲 pp.14-19(SAT), pp.32-37(RCS) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2021-08-19,IEICE-RCS-2021-08-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会