お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2021-08-24 12:50
[パネル討論]サイバーフィジカルシステム実現に向けた 電波伝搬シミュレーションのための伝搬環境計測とモデリング研究
齋藤健太郎高田潤一東工大SRW2021-18
抄録 (和) 近年の高速・大容量計算システムの普及に伴い,センサー等を用いて収集した実世界の情報を仮想空間上で再現し,システムの制御・運営や開発に利用するサイバーフィジカルシステムが広がりつつある.無線通信技術は第5世代移動通信システム(5G)やInternet of Things (IoT)サービスの普及等に伴い,今やあらゆるサービス・システムで利用されており,仮想空間上での電波伝搬チャネルや無線通信性能のエミュレーション技術は重要課題となっている.本稿では,仮想空間上で対象とする環境に特有のサイトスペシフィックな電波伝搬シミュレーションを行うための伝搬環境計測とモデリング手法について著者グループの研究内容を紹介する.研究内容は,レーザスキャナを用いた周辺環境計測とポイントクラウドデータを用いた物理光学近似による伝搬シミュレーション手法,自由空間法による建材等の材料パラメータ推定手法,Intelligent Transport Systems (ITS)やスマートオフィス環境等,環境内を移動する車両や歩行者が存在する場合の移動物体検出及びモデリング手法からなる.大学キャンパス内で実施した実験結果を紹介し,これらのモデリング手法の有効性や適用可能な範囲について議論する. 
(英) The cyber-physical system (CPS) is expected to be an essential infrastructure in future society thanks to the recent significant progress of high-speed and large-scale computing systems. In the CPS, many varieties of physical-space information are gathered by sensors and utilized to reconstruct the system in the cyber-space for smart control, management, and development. The emulation of the radio propagation channel and wireless communication performance in the CPS is one of the important issues because wireless communication is utilized in many Internet of Things (IoT) services. In this paper, we introduce the research activities of the authors' group about the measurement and modeling of actual propagation environments to realize the site-specific radio propagation simulation for the CPS. The first activity is the three-dimensional (3D) environment measurement by a laser scanner and simulation technique based on the Physical optics approach. The next is the material parameter estimation technique of indoor building materials by the free space method. The last one is the moving object detection and modeling technique for dynamic propagation environments such as the Intelligent Transport Systems (ITS) and smart office system where there are several vehicles and pedestrians in the environments. The measurement results which were conducted in the university campus are shown, and the effectiveness and applicability of the modeling methods are discussed.
キーワード (和) サイバーフィジカルシステム / 電波伝搬シミュレーション / 伝搬環境モデリング / ポイントクラウド / 材料パラメータ計測 / / /  
(英) cyber-physical system / radio propagation simulation / propagation environment modeling / point cloud / material parameter estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 121, no. 145, SRW2021-18, pp. 15-15, 2021年8月.
資料番号 SRW2021-18 
発行日 2021-08-17 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2021-18

研究会情報
研究会 SRW  
開催期間 2021-08-24 - 2021-08-24 
開催地(和) オンライン開催 
開催地(英) Online 
テーマ(和) Network,MAC,センサー関連技術,ミリ波通信,一般 
テーマ(英) WLAN, WPAN, Ad-hoc, mmWave, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2021-08-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サイバーフィジカルシステム実現に向けた 電波伝搬シミュレーションのための伝搬環境計測とモデリング研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Measurement and Modeling Method of Propagation Environment for Radio Propagation Simulation in Cyber Physical System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サイバーフィジカルシステム / cyber-physical system  
キーワード(2)(和/英) 電波伝搬シミュレーション / radio propagation simulation  
キーワード(3)(和/英) 伝搬環境モデリング / propagation environment modeling  
キーワード(4)(和/英) ポイントクラウド / point cloud  
キーワード(5)(和/英) 材料パラメータ計測 / material parameter estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 健太郎 / Kentaro Saito / サイトウ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 潤一 / Jun-ichi Takada / タカダ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2021-08-24 12:50:00 
発表時間 10 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2021-18 
巻番号(vol) IEICE-121 
号番号(no) no.145 
ページ範囲 p.15 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-SRW-2021-08-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会